주요 기사 바로가기

サムスン電子、IoT統合プラットフォーム「ARTIK」公開(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.05.14 10:20
0
サムスン電子がモノのインターネット(IoT)生態系の主導権を握るための具体的な青写真を描き始めた。“ヒドゥンカード”はIoT統合プラットフォームである「ARTIK」だ。「Articulate(関連する)」を基にした言葉で、だれでも利用できる開放型プラットフォームだ。サムスン電子戦略革新センター(SSIC)のソン・ヨングォン社長は12日にサンフランシスコで開かれた「モノのインターネットワールド」の基調演説でこうした内容のARTIKを全世界に公開した。

ARTIKの核心はこの日公開した超小型モジュール3種だ。IoTプラットフォームがしっかりと具現されるためにはスマートフォンとウェアラブル機器だけでなくテレビ、生活家電、照明、自動車まですべてひとつのプラットフォームで連動しなければならない。このためには機器間の互換を可能にする装置が必要だが、サムスンのモジュールがこの役割をする。アプリケーションプロセッサー(AP)とメモリー半導体、通信チップ、各種センサーなどがひとつにまとめられた形態だ。簡単に言えばだれでも容易にモノのインターネット機器を作り生活に利用できるようにするIoT部品だ。

まず「ARTIK1」は縦・横12ミリメートルのサイズで、現存する最も小さいIoTモジュールだ。ブルートゥース機能を持ち消費電力が少なくウェアラブル機器などに搭載できる。「ARTIK5」は29×25ミリメートルのサイズで、スマートホーム、ドローン、高仕様ウェアラブル機器に適合する。ビデオエンコーディング・デコーディング、オーディオ機能まで備えた「ARTIK10」は最も幅広い用途で多様な機器に使える。

これまで主要IT企業はIoTの能力をソフトウェアプラットフォームに集中した。これに対しサムスン電子はIoTにすぐ適用できるハードウェアを出して差別化された競争力を確保した。これまで「雲をつかむ」ような概念で活用が制限的だったIoTサービスがこれからは「手でつかめる」技術として現実化したという評価が出ている。サムスン電子関係者は、「IoTに対する関心が大きくなっているが、実際にこの市場が大きくなるためには核心モジュールの価格が下がらなければならない。最低10ドルで販売するARTIKモジュールが呼び水の役割をするだろう」と話した。


サムスン電子、IoT統合プラットフォーム「ARTIK」公開(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    サムスン電子、IoT統合プラットフォーム「ARTIK」公開(1)

    2015.05.14 10:20
    뉴스 메뉴 보기
    機器間互換を可能にするモジュール「ARTIK5」
    TOP