주요 기사 바로가기

北朝鮮の恐怖統治、金正恩執権後に幹部70人余りが処刑

ⓒ 中央日報日本語版2015.05.13 16:58
0
北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)第1書記の執権後、幹部に対する処刑件数が大幅に増加しているだけでなく、処刑方式も一層残忍になったことが明らかになった。

13日、韓国国家情報院によると、金第1書記の執権以降、銃殺された幹部は2012年3人、2013年約30人、2014年31人、今年現在までで8人となっている。一般住民を含めると今年は15人が処刑された。これは金正日(キム・ジョンイル)総書記が執権初期の4年間で10人余りを処刑したことと比べると6~7倍に達する数字だ。

また、残酷な処刑方式は金正恩の恐怖統治を傍証するものだ。銃殺の場合、関係者だけでなく処刑対象者の家族まで参観させて小銃の代わりに銃身が4つある14.5ミリ高射銃を使っているというのが国家情報院側の説明だ。

また、昨年作成された北朝鮮内部の文書等を通して「反逆者はこの地に埋める場所がない」とし、処刑後は火炎放射器を動員して死体を痕跡を残さない方式を使うことが確認された。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP