주요 기사 바로가기

<サッカー>池笑然「W杯で日本とやってみたい」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.05.13 16:30
0
「カナダワールドカップ(W杯)で日本とやってみたい」。サッカー韓国女子代表のエース、池笑然(チ・ソヨン、24、チェルシーレディース)が来月開催される2015カナダ女子ワールドカップ(W杯)に意欲を見せた。

池笑然は13日、坡州(パジュ)国家代表トレーニングセンターで行われた練習の後、「W杯が目の前に近づいているのを実感する。12年ぶりのW杯出場なので感慨深い」とし「英国に進出する前に日本でプレーしたので親しい同僚がいる。しかし今大会では日本とやってみたい」と話した。

日本(C組)と韓国(E組)は別のグループに属しているため対戦するのは容易でない。それでも池笑然が日本との対戦を望むのは、女子サッカーに対する関心を高めるためだ。

「宿命のライバル」日本は女子サッカー強国だ。2011年のW杯で優勝し、翌年のロンドンオリンピック(五輪)では銀メダルを獲得するなど、世界最強グループに入る。日本は現在、ドイツ・米国・フランスに次いで国際サッカー連盟(FIFA)ランキング4位。このため日本国内の女子サッカー人気も高まった。

池笑然は「日本も女子サッカーの人気はそれほど高くはなかった。韓国と似ていた」とし「国際大会で好成績を出したことで人気スポーツになった。女子サッカーのAマッチも競技場に約4万人の観客が入るほどだった。私たちも今大会で良い成績を出せば、人々が女子サッカーに関心を抱くのではないかと思う」と語った。

女子サッカーの人気のために池笑然はW杯に死活をかける。昨年、英国舞台に進出して実力をつけ、1年で英国女子サッカーのスターになった。昨季19試合に出場して9得点し、MVPに選ばれ、今季も勢いを継続している。西洋の選手に比べて体格(161センチ、50キロ)は小さいが、スピードと頭脳的なプレーで欧州舞台で活躍している。

スウォンジーシティの奇誠庸(キ・ソンヨン)からも応援を受けた。奇誠庸は今季、イングランドプレミアリーグ歴代アジア選手のうち最多ゴール(8得点)をマークしている。池笑然は「韓国に来る前、奇誠庸先輩がW杯で頑張れといって牛肉と中国料理をごちそうしてくれた」とし「最近、奇誠庸先輩はスウォンジー地域の大統領だが、その気を受けたのでうまくいきそうだ」と言って笑った。

15日に最終メンバーが発表される韓国女子代表は、20日に米国に出国し、31日に米国とテストマッチを行った後、6月4日にカナダ入りする。グループリーグの相手はブラジル(10日)、コスタリカ(14日)、スペイン(18日)。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <サッカー>池笑然「W杯で日本とやってみたい」

    2015.05.13 16:30
    뉴스 메뉴 보기
    池笑然(チ・ソヨン)(写真=中央DB)
    TOP