주요 기사 바로가기

日本、神風特攻隊基地があった場所も世界文化遺産登録推進へ

ⓒ 中央日報日本語版2015.05.13 14:28
0
日本が、太平洋戦争の際に神風特攻隊基地と朝鮮人を強制徴用した部隊があった場所もユネスコ世界文化遺産への登録を進めていることが分かった。

13日、韓国首相所属の「対日抗争期強制動員被害調査及び国外強制動員犠牲者等支援委員会」によると、日本は世界遺産登録のための暫定リスト11件の地域以外にも、奄美・琉球地域の登録も進めている。

これらの地域には日本軍神風特攻隊基地や多くの朝鮮人が強制徴用された軍事施設があったが、このような事実があまりよく知られておらず、暫定リストには問題なく入る可能性が大きいと委員会は伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP