주요 기사 바로가기

世界で酒を最も多く飲む国は?

ⓒ 中央日報日本語版2015.05.13 14:27
0
世界で最も酒を多く飲む国はエストニアであることが調査で分かった。

12日(フランス時間)、経済協力開発機構(OECD)が加盟国34カ国を対象に酒類消費量を調査した結果、2012年1人あたりの平均年間酒類消費量は9.1リットルだった。ワインに換算すると100本程度に相当するアルコール量となる。

OECD加盟国のうち、年間1人あたりの平均酒類消費量が最も多い国はエストニアで、12.3リットルに達した。次いでフランス(11.8リットル)、チェコ共和国とアイルランド(11.6リットル)、ドイツ(11リットル)の順だった。韓国はOECD平均(9.1リットル)を記録した半面、米国(8.6リットル)、カナダ(8.2リットル)、日本(7.2リットル)等はOECD平均を下回った。

一方、OECD加盟国の年間平均酒類消費量は20年前の1992年に比べて2.5%ほど減少した。OECDは、全般的な酒類消費量減少にも依然として世界人口の20%程度は過度の飲酒が推測されるとして懸念を示した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP