주요 기사 바로가기

<女子ゴルフ>数学英才の田仁智、日本グリーン優勝公式を解く

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.05.11 13:53
0
1/2
田仁智は頭脳的なコースマネジメントをする。性格も冷静で大きな起伏がない。田仁智(チョン・インジ)は初めて出場したJLPGAツアーのワールドレディースチャンピオンシップ・サロンパスカップで優勝し、日本ゴルフ界を驚かせた。(写真=KLPGA)
10日、茨城ゴルフ倶楽部東コースで行われた日本女子プロゴルフ(JLPGA)ワールドレディースチャンピオンシップ・サロンパスカップ最終ラウンド。

田仁智(チョン・インジ、21、ハイト)がシーズン初のメジャー大会で通算12アンダーをマークし、上田桃子(29、日本)に4打差をつけて優勝すると、日本メディアは田仁智のストーリーを特筆大書した。JLPGAホームページは「韓国でファンクラブ会員が2900人にのぼるスターの田仁智が日本大会に初めて出場し、ディズニーキャラクターのダンボのように高く飛んで最年少優勝を果たした」と紹介した。ダンボは田仁智のコーチであるパク・ウォンJTBCゴルフ解説委員が付けたニックネームだ。

初日2位タイだった田仁智は2日目、単独トップに立った後、第3ラウンドで独走した。2位の上田に5打差で2日目を終えた後、「最終ラウンドを楽しむ」と余裕を見せた。

強風の中で行われた最終ラウンドで、田仁智は独特の冷静なプレーを見せた。1打を失ったものの、大きなミスはしなかった。9ホールを終えると6打差まで広がり、事実上、勝負が見えた。優勝賞金は2400万円。田仁智は副賞として受けたベンツC200自動車をはじめ、コメ120キロ、1年分のサロンパスなどを原発被害者のために寄付した。

田仁智は非常に賢い選手だ。IQ138の数学英才で、「確率ゴルフ」をする。メジャー大会にふさわしく難しいコースがセッティングされた今大会でも、頭脳的なコースマネジメントが光った。短いパー5のホールで無理な2オンを狙うより、3打目をピンに寄せてチャンスを狙い、4日間に20バーディーをつかんだ。パク・ウォンJTBCゴルフ解説委員は「田仁智は国内ツアーでドライブショット8位に入るほど飛距離を出せるが、無理なプレーをしない。コースが難しかったり天気が良くない時にも起伏のない競技をする」と話した。

田仁智は今季、ハードなスケジュールを消化している。3月から4月初めまで米女子プロゴルフ(LPGA)ツアー4大会に連続出場し、37位(HSBCチャンピオン)、37位タイ(JTBCファウンダーズカップ)、50位(起亜クラシック)、41位(ANAインスピレーション)と、すべて予選を通過した。田仁智は「経験ほど良い学習はないようだ。米国に行ってきた後、ゴルフがアップグレードした感じ」と語った。

大会が開催されない月曜日から水曜日までは学校(高麗大社会体育学科3)に行く。田仁智は学業を終えるために海外進出も先送りしたほど学問への思いが強い。今季、キム・ヒョジュ(20、ロッテ)、ペク・ギュジョン(20、CJオーショッピング)、チャン・ハナ(23、BCカード)などライバルが米国に進出したが、国内残留を選択した。田仁智は「大会後にキャンパスに戻ればストレスがなくなる。競技力にもプラス」と述べた。

1994年8月10日生まれの田仁智は昨年、成田美寿々(21歳215日)の大会最年少優勝記録を更新した。非会員身分として優勝し、1カ月以内に日本進出の意思を明らかにすれば、1年間シードを受けることができる。

しかし日本より米国に目を向けている。田仁智は今季4大会で3万2075ドルを獲得した。順位では90位だ。田仁智は「資格がある大会はできるだけ出場する。賞金ランキング40位に入ってQスクールに行かずに米国ツアーに進出したい」と語った。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP