주요 기사 바로가기

IMF「韓国の成長モメンタム落ちた」…アジア太平洋地域の経済危険も高まる

ⓒ 中央日報日本語版2015.05.08 13:23
0
アジア太平洋地域の国家のうち、韓国は脆弱な家計と投資家心理不振のため成長モメンタムが落ちたとする国際通貨基金(IMF)の報告書が出された。

6日(現地時間)、IMFが発表した報告書を見ると、韓国の今年予想経済成長率3.3%は通貨・財政政策に後押しされた貿易部門の改善が総需要の反騰につながるという仮定から出されたものだ。

この報告書は、韓国と日本は経済活動人口が1980年代以降急激に減少して潜在生産性に影響を及ぼしたと分析している。

報告書はまた、アジア太平洋地域の経済成長率が2015年には5.6%、2016年には5.5%をそれぞれ記録すると予想した。IMFは、依然としてアジア太平洋地域が世界で最も速い成長を遂げているる地域だと予想しているが、負債の増加やドル高、中国と日本の不振などにより同地域の危険は高まっていると明らかにした。

IMFは領域内の国家が制度改革を断行しない場合、成長率展望値が低くなる可能性もあると懸念を示した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP