주요 기사 바로가기

<サッカー>国内では通用しない尹晶煥監督の「韓国型サッカー」(1)

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2015.05.07 17:54
0
運命のいたずだ。済州ユナイテッドの趙城ファン(チョ・ソンファン)監督(45)と蔚山現代の尹晶煥(ユン・ジョンファン)監督(42)は「ニポムニシ・キッズ」だ。

2人は1997年から1999年まで富川(プチョン)SK(現済州)のチームメートとして、ヴァレリー・ニポムニシ監督(72)のもとでサッカーをした。尹晶煥監督はニポムニシ監督から愛されていた。ファンから熱狂的な支持を受けた華麗なパスサッカーの中心にいた。趙城ファン監督は黙々とゴール前を守るDF選手だった。選手時代、尹監督のように韓国代表入りしたこともなく、スターでもなかった。尹監督が水上の優雅な“白鳥”の姿だったなら、趙城ファンは水中で動く“水掻き”だった。

指導者になってからも同じだった。尹監督は日本Jリーグの万年下位チーム、サガン鳥栖を強豪に変え、注目を浴びた。一方、趙監督は全北現代コーチ(2002-2005)から馬山(マサン)工高コーチ(2006-2007)、全北ユースコーチ(2008-2011)などを経験し、地道に経験を積んできた。

5日に済州ワールドカップ競技場で行われた「現代オイルバンクKリーグクラシック2015」第9節で、2人は指導者として初めて知略対決を繰り広げた。結果は趙監督の勝利だった。済州が90分間の激戦を2-1の逆転勝ちで終えた。趙監督は済州を2位に引き上げた一方、尹監督はKリーグデビュー後9試合目で初めて黒星を喫した。日本で成功をもたらした「韓国型サッカー」がブーメランになって返ってきた。蔚山現代の尹晶煥監督のサッカー哲学はシンプルだ。「勝つサッカー」だ。

彼はプロ野球の金星根(キム・ソングン)ハンファ・イーグルス監督(73)を例にあげ、「勝たなければ関心を集めることができない。おもしろいサッカーをするより、まずは勝つことだ」と強調する。一から指導者生活を始めた経験のためか、こうした持論を抱くようになった。

尹監督は2010年、日本J2リーグ(2部リーグ)のサガン鳥栖の指揮棒を握った。九州にある人口7万人の小さな都市、鳥栖を本拠地とするチームだ。Jリーグで失敗した“下流人生”選手が集まった球団だった。チーム全体が敗北意識に浸っていた。尹監督は「韓国型サッカー」を鳥栖に移植した。冬季の練習期間に強い体力を要求した。戦術的にも守備を安定させ、両サイドを活用したクロスサッカーを見せた。サガン鳥栖は日本Jリーグで奇跡を起こした。2部リーグから1部リーグで昇格し、昨年は一時トップに立った。昨年8月に尹晶煥監督を更迭した後、成績が落ちて5位になったが、日本サッカーに旋風を起こした。
<サッカー>国内では通用しない尹晶煥監督の「韓国型サッカー」(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <サッカー>国内では通用しない尹晶煥監督の「韓国型サッカー」(1)

    2015.05.07 17:54
    뉴스 메뉴 보기
    蔚山現代の尹晶煥(ユン・ジョンファン)監督
    TOP