주요 기사 바로가기

韓国政府、外交・安保懸案を協議…米日関係など議論

ⓒ 中央日報日本語版2015.04.30 15:50
0
韓国政府とセヌリ党は米日首脳会談など急変する外交・安保環境に対処するための緊急対策を議論する。

30日、韓国通信社聯合ニュースは、与党関係者の言葉を引用して、党と政府は「不動の同盟(unshakeable alliance)」という表現で要約される米日同盟主導の国際秩序再編の動きの中で、周辺4強である米国・日本・中国・ロシアとの外交関係をどのように再確立していくか、その対策づくりに急いでいると報道した。

党と政府は、外交的孤立から脱して国益を最大化するためにはこのような変化に対して冷静かつ素早い対処が必要だということで認識を一致させている。

これに伴い、党と政府は来月1日に外交安保対策会議を開いて米日関係に対する外交安保環境対策を調整する。

国会国防委員長を歴任した劉承ミン(ユ・スンミン)院内代表の要請で設けられるこの日の党・政協議会には、外交部長官や国防部長官など政府の外交安保ラインの核心関係者らが参加する予定だ。

劉院内代表は「日本の安倍晋三首相による米上・下院合同演説は、米国と日本の新たに強化された同盟と中国の間で、韓国の生存戦略は何かを深く問うような演説だった」としながら「対米・対日外交を再点検する努力に直ちに着手する」と伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP