주요 기사 바로가기

安倍首相、ホロコースト博物館で「日本のシンドラー」の善行だけ強調

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.04.29 09:04
0
ハーバード大での講演で旧日本軍の慰安婦被害者に謝罪しなかった日本の安倍晋三首相が、翌日の27日(現地時間)、ワシントンのホロコースト記念博物館を訪れた。この日午後5時40分ごろ、日章旗と星条旗がをひるがえる安倍首相一行の車が警察サイドカーの案内でホロコースト博物館に次々と入っていった。

ナチスドイツの犠牲となったユダヤ人を追悼するこの博物館で、安倍首相は礼儀を見せた。AFP通信によると、安倍首相は「厳粛な気持ちになった」と述べた。安倍首相は博物館内の「追悼の部屋」で犠牲者を追悼するためにろうそくに火をつけた。安倍首相の隣で一緒に黙祷したのは「日本のシンドラー」と呼ばれた杉原千畝によりナチス治下から脱出したレオ・メラメド氏だった。杉原は第2次世界大戦当時、リトアニア駐在日本領事代理であり、ユダヤ人2000人に入国査証(ビザ)を出した人物だ。

安倍首相は「こうした日本人がいたことを、日本人として誇りに思う」とし「一人の勇気のある行動が数千人の命を救った」と強調した。安倍首相が博物館にあった杉原の写真を眺める場面は海外メディアを通じて全世界に伝えられた。安倍首相は「悲劇を二度と繰り返さない(never again)」と述べた。この博物館の正門の垂れ幕の言葉が「Never Again」だ。

この日、安倍首相がアーリントン国立墓地を訪れて無名勇士の墓に献花したのも、米日が敵だった過去の代わりに未来のパートナーであることを見せようという意図が込められているという指摘がある。

米国政府は安倍首相を歓待した。オバマ大統領はこの日、当初予定になかった日程を作り、安倍首相とともにワシントンのリンカーン記念館を訪問した。ホワイトハウスは「両首脳が米国の歴史で重要な意味がある場所で1対1で時間を一緒にする機会」と説明した。アーネスト大統領報道官は定例記者会見で、「星条旗と日章旗が並べられることは、65-70年前にこの建物(ホワイトハウス)で仕事をする人たちには想像もできなかった」と述べた。

安倍首相は今回の訪米で日本のイメージ改善に力を注いだ。米司法省の「外国人ロビー情報公開(FARA)」資料によると、日本は安倍首相の訪米を控えた16日、政治・政策イシューのため政策諮問機関「ダシェルグループ」と新たに契約した。ダシェルグループはオバマ大統領の政治的メンターであるトム・ダシュル元上院民主党院内総務の会社だ。ロビー専門ローファーム「アキン・ガンプ」「 ホーガン・ロヴェルズ」「ポデスタグループ」なども日本の契約リストに含まれている。この会社は米国政府の要人と日本側をつなぎ、日本に対するプラスのイメージを作るためにシンクタンク・メディア対応戦略を立てる。アキン・ガンプの関係者は米議会専門紙ロールコールのインタビューで、「日本の首相が議会で合同演説をするのは今回が初めてであるだけに非常に重要な時期」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP