주요 기사 바로가기

【コラム】歴史の責任を回避する安倍とエルドアン(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.04.28 08:40
0
ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相、ニューヨークタイムズのニコラス・クリストファー・コラムニスト、フランスのエドゥアール・バラデュール元首相。彼らの共通分母はアルメニアだ。国籍は違うが、すべてアルメニア系だ。多かれ少なかれ体にはアルメニア人の血が流れている。米国の世界的なテニス選手だったアンドレ・アガシ、ロシアのチェス英雄ガルリ・カスパロフ、フランスのシャンソン歌手だったシャルル・アズナブールとシルヴィ・バルタンの根もアルメニアだ。

この人たちの故郷は黒海とカスピ海の間のカフカス山岳地帯にある。イエスの弟子だったタデオとバルトロメオの殉教で初期にキリスト教が伝えられたところだ。全世界のアルメニア人は約1000万人。1991年のソ連解体で独立したアルメニアに住んでいるアルメニア人より、ロシア・米国・フランスなど約70カ国に散って暮らすアルメニア人の方がはるかに多い。第1次世界大戦当時、オスマントルコ(現在のトルコ)で発生した「アルメニア大虐殺」の後遺症だ。

1915-23年、オスマン政府による強制移送と集団虐殺および虐待で、最大150万人のアルメニア人が命を失った。今日、各国に居住するアルメニア人のほとんどが、当時トルコ国外に避難した生存者の子孫だ。青天の霹靂のような1915年の大虐殺は、アルメニア人に消えないトラウマとして残っている。

100年が過ぎた現在でもその傷は癒えていない。トルコ政府が大虐殺を否定し、謝罪を拒否しているからだ。多くのアルメニア人が犠牲になったのは事実だが、ナチスドイツがユダヤ人にした「ホロコースト(holocaust)」のような集団的人種虐殺ではなかったというのがトルコ政府の主張だ。特定の人種や種族、宗教集団の全部または一部を破壊する意図で計画的かつ体系的に行われた「ジェノサイド(genocide)」ではなかったということだ。戦争の過程でやむをえず発生した「コラテラル・ダメージ(collateral damage)」、すなわち付随的被害の性格が強いという。絶体絶命の戦時状況でアルメニア人が敵国のロシアと内通する現実をオスマン政府としては座視できなかったという弁解も忘れない。

アルメニア大虐殺は20世紀初めのジェノサイドとしてホロコーストの先例となったというのが西欧歴史学界の定説だ。強制移送、集団収容所、集団殺戮、人種清掃、財産没収、拷問、飢餓などホロコーストに表れた反人倫的犯罪の特徴が、アルメニア大虐殺ですでに姿を現していたということだ。多くの証拠と記録、証言にもかかわらず、トルコ政府が大虐殺を否定するのは手のひらで太陽を隠す姿だと、アルメニア人は嘆いている。
【コラム】歴史の責任を回避する安倍とエルドアン(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP