주요 기사 바로가기

韓日協定主役の韓国元首相、安倍首相に忠告する

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.04.27 09:34
0
今年は韓国と日本の国交が正常化して50年になる年だ。韓日交渉の突破口を切り開いた金鍾泌(キム・ジョンピル、JP)元首相は26日、「第2次世界大戦後の世代である安倍晋三首相が彼の祖父・父のような戦中世代から教訓を得られずにいるのは残念なことだ。安倍首相は歴史を直視し、心から反省して謝罪すべきだ」と話した。金元首相はこの日中央日報に対し、韓日交渉の妥結について当時の状況を証言しながら日本の安倍政権の歴史認識問題を激情的に指摘した。

彼は「安倍首相が日本の侵略の歴史を反省せずに米国議会に行って何か話そうとしているようだが、歴史はいくら隠してもなくならない。日本国民は霊妙な知恵が多い人々だ。安倍首相は冷静に反省しながら両国の発展のための正当な認識を持つべきだ」と強調した。金元首相は「80年前の1930年代に日本の軍部が満州事変(31~32年)に続き日中戦争(37~45年)を起こして太平洋戦争(41~45年)を行うまで、国民は軍国主義者の戦争論の言いなりになった。国家指導者の誤った行為に異存なく従ってしまう日本社会の気質が今再びうかがえる」と憂慮した。

金元首相は10年前、韓日関係40周年記念の時に東京で1000人余りの政財界の要人や官僚を相手にした講演を回想しながら「講演内容がその時よりも今の状況によく合う」と話した。次はJPが回想した講演の要旨。

◆歴史認識の共有の必要性=「伊藤博文は日本人にとっては明治の元勳だが、韓国人にとっては侵略の元兇と呼ばれる。西郷隆盛は皆さんにとっては英雄かもしれないが韓国人には侵略の発想者だ。日本とアジア諸国の間には国境を越えれば英雄が逆徒になり逆徒が英雄になる、そんな歴史がある。日本が韓国の理解を得られなければアジアとは永遠に和解できないものであり、国際社会の指導的立場に上がることもできないだろう」。

◆靖国神社の改善案=「靖国神社に安置された太平洋戦争戦犯の位牌をほかの場所に移すことはできないだろうか。靖国神社を参拝する日本の要人は戦犯(1978年合祀)に対する参拝ではなく、愛国者への参拝だと主張する。それならば戦犯の位牌を分離してほかの所で受け入れることがそんなに難しいとは思わない」。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓日協定主役の韓国元首相、安倍首相に忠告する

    2015.04.27 09:34
    뉴스 메뉴 보기
    金鍾泌(キム・ジョンピル)元首相
    TOP