주요 기사 바로가기

安部首相、ホロコースト博物館からアーリントン墓地まで訪問へ…「侵略史うやむや」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.04.27 09:03
0
安倍首相が26日、7泊8日間の訪米日程に入った。日本メディアは26日、「安倍首相が27日、ナチのユダヤ人大虐殺資料が展示されているワシントンのホロコースト博物館を訪問する」と報じた。安倍首相は1月の中東訪問当時もイスラエルのホロコースト記念館を訪れた。時事通信は「人権を尊重する姿勢を示し、いわゆる従軍慰安婦問題をめぐる日本の姿勢に対する米国内の懸念を振り払いたい考えとみられる」と伝えた。

第2次世界大戦に対する反省にのみ言及し、韓国と慰安婦被害者に対して誠意ある謝罪を拒否する安倍首相が、日本の侵略史を伏せようという高度な策略という分析が出ている。ある外交消息筋は「慰安婦問題を提起する韓国とユダヤ系に距離を生じさせるという意図もある」と指摘した。米国内で強大な政治力を持つユダヤ系の歓心を買いながら「歴史修正主義者」という札を外し、「平和主義者」というイメージを与えようという考えだ。

安倍首相は27日、アーリントン国立墓地にも参拝する。太平洋戦争の相手国である米国の国立墓地で「二度と戦争を起こさず世界の平和のために貢献する」というメッセージを投げかける計画だ。靖国神社参拝に対する世界の批判世論を避けようという思惑だ。安倍首相は2013年5月、「靖国神社とアーリントン国立墓地は同じ」と述べ、激しい批判を受けた。当時、安倍首相は太平洋戦争A級戦犯が合祀された靖国参拝について、「一国のために命を捧げ、亡くなった方々に対する哀悼の誠をささげるのは指導者としては当然であり、他国の家指導者も同じ」と主張した。

安倍首相は日本に友好的な雰囲気を作るための世論形成にも積極的に取り組む。26日、ボストンではジョン・F・ケネディ図書館を訪問する。2013年4月に発生したボストンマラソン爆弾テロ事件の現場も訪れて献花する。

28日にはオバマ大統領と首脳会談を行う。29日には日本の首相としては初めて米上・下院合同演説をする。米国内の代表的な日本広報機関である笹川財団で講演も予定されている。30日には米西部に移動し、サンフランシスコでフェイスブックなどシリコンバレー企業を視察、翌日には1200人の日系米国人が集まるレセプションに出席し、日米の友好を誇示した後に帰国する。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP