주요 기사 바로가기

長寿への欲、女性より男性が多い=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.04.25 12:01
0
男性が女性より長寿を望んでいることが分かった。韓国健康増進開発院が24日に発表した「2015年国民健康認識調査」結果によると、男性は平均85.3歳まで、女性は平均82.6歳まで生きることを望んだ。20-59歳の男女2918人にアンケート調査した結果だ。しかし現実は違う。2013年を基準に男性の期待寿命(その年に生まれた子どもが生存すると期待される寿命)は78.5歳、女性の期待寿命は85歳。男性の平均寿命は女性より短い。

男性が女性より寿命に欲を抱く理由は何か。韓国健康増進開発院のナ・セヨン研究員は「家族扶養に対する男性の義務感が長寿に対する希望につながっていると推定される」と述べた。建国大病院のハ・ジヒョン教授(神経精神科)は違った見方を示した。ハ教授は「男性は喫煙や飲酒など健康に良くない行動が相対的に多く、健康に対する心配や死に対する恐怖が大きい。このような恐怖に『私は長生きする』と言いながら慰安とする一種の『逆恐怖反応』を見せている」と説明した。

男性の長寿に対する夢は遠からず現実に近づく可能性がある。最近、ペイパルのピーター・ティール氏(47)、グーグルのセルゲイ・ブリン氏(42)ら世界的な富豪は寿命を伸ばすための技術に競争的に投資している。遺伝子組み換えを通じて老化防止研究などに数千億ウォンずつを投じているという。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP