주요 기사 바로가기

円ウォン為替レート、7年余りぶりに最低…日中観光客離脱が懸念

ⓒ 中央日報日本語版2015.04.23 17:03
0
23日、円ウォン為替レートが7年2カ月ぶりの最低値を記録したことで、韓国観光業界への打撃が懸念されている。

訪韓日本人観光客の離脱が深刻化し、円安によって中国人観光客も日本に旅行先を変える可能性があるためだ。韓国観光公社の統計によると、韓国を訪問した日本人観光客は2012年9月から今年3月まで2年7カ月連続で下落している。

特に、円価値が暴落した2013年3月の影響を受けた翌4月には、日本人観光客の前月比下落幅が30%に達した。この時の円ウォン為替レートは3月30日の100円=1168ウォンから4月30日1121ウォンと1カ月のうちに4.02%下落していた。

日本人観光客は2012年351万8792人から2013年274万7750人と21.9%減少し、昨年も17.0%減った228万434人にとどまった。今年も減少傾向は続いており、韓国を訪れる日本人観光客は昨年より18.6%減少することが予想されている。

一方、日本政府観光国(JNTO)の統計によると、2014年に日本を訪れた中国人観光客は240万9158人で前年比83.3%増加した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP