주요 기사 바로가기

「4年制大学出ても…」専門大“Uターン族”増える

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.04.23 14:41
0
韓国の4年制大学に通ったにもかかわらず、就職のために再び専門大学に入学する“Uターン族”が増えている。

教育部と韓国専門大学教育協議会は全国の専門大137校の2015学年度入試結果を集計した結果、4年制大学を卒業して専門大に再び入学するいわゆる「Uターン入学生」が登録者基準で1379人と前年度より7.5%増えたと22日発表した。志願者基準では5489人で前年度より10.1%増加した。

4年制大学建築学科に通っていたチェ・ユヨンさん(22)は、周囲で言語障害になった友人を見てボランティアと仕事を一緒にしたいという思いで専門大の大慶(テギョン)大学言語リハビリ科に入学した。

ソウルの有名大学の英語教育科と哲学科を卒業して教職についた後に退職したキム・ソンナムさん(54)は、江陵嶺東(カンヌンヨンドン)大学乗馬産業科に進学して乗馬指導教官というもう1つの夢を準備している。

専門大全体の平均競争率は8.5倍で前年度(7.5倍)よりも高まり、平均登録率は99%で昨年(97.9%)より上昇した。専攻別には実用音楽と応用芸術の競争率がそれぞれ20倍、12.5倍で最も高かった。言語(9.5倍)、看護・保健(9.2倍)、デザイン(8.7倍)、教育(8.5倍)、機械(8.5倍)、社会科学(8.4倍)、放送・映像(8.4倍)、ビューティー(8.2倍)も人気が高かった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP