주요 기사 바로가기

【時論】THAAD議論「非決定の決定」で乗り越えよう=韓国(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.04.23 13:49
0
高高度ミサイル防衛(THAAD)をめぐる議論が熱い。北朝鮮の核抑止の側面だけならば決めやすい。北朝鮮の核ミサイル攻撃を防げるならば反対する理由はない。技術的性能と正確性が立証されていないという一部の反論はあるが、それは安保と抑止をよくわかっていない声だ。THAAD配置で北が既存の攻撃計画をためらうだけでそれは成功だ。費用はその次の問題だ。

しかし安保は抑止だけで完全にはならない。軍事力と武器だけで絶対安保は保証されない。THAADが北朝鮮の核の脅威を効果的に抑止するとしても北朝鮮の核問題を解決するための別の努力が放棄されることはない。THAADだけ配置すればまるで北朝鮮の核問題がすぐにさっぱり解決されるかのように扇動するTHAAD万能論はそのため無責任だ。外交と交渉、説得と圧迫を通じた北朝鮮の核問題改善努力が依然として必要な理由だ。6カ国協議再開には無関心なまま北朝鮮の核交渉を無用のものとして片付けTHAAD配置にばかり熱を上げるのは軍事主義の極端にすぎない。

交渉と外交を投げ捨てTHAADだけを「万能の宝剣」と主張するのは安保ジレンマのどん底にわれわれを追いやるものだ。一方の防衛用軍備増強が相手方に攻勢的安保脅威と見なされ、結局相手方の防御的対応が悪循環の軍備競争を誘発するのが安保ジレンマだ。北が最近移動式ミサイルを含め非常に威嚇的な多種多様なミサイル発射に集中したのも2013年の韓半島危機当時に米国の戦略核爆撃機が韓半島に現れた以降だ。そして韓国も北のミサイル脅威を取り上げTHAAD配置が議論になった。無限競争の軍備増強に陥る安保ジレンマの罠だ。

THAADが複雑な悩みを要するのはそれが北朝鮮の核抑止だけの武器ではないためだ。THHADは米国のミサイル防衛(MD)体系に韓国が正式に編入されることを意味する。オバマ大統領をはじめとする米国の高官が韓国に持続的にMD協力を要求し相互運用性を主張するのもその脈絡だ。米国は韓国と日本を組み込み頑丈なMD体系確保に力を入れている。浮上する中国を圧迫し韓国の中国傾倒に釘を刺す装置だ。

THAAD配置をめぐり韓米同盟の正当性ばかり主張するのではなく、米中間の紛争発生時に韓国にも累が及ぶ危険に陥る可能性あることをともに悩まなければならない。米中対立という万一の事態でTHAADは韓国を中国の軍事的ターゲットに含ませる口実になる。同盟だからTHAADを配置しようという主張でなくとも、同盟のために韓国が望まない戦争の罠に陥りかねないという警告にも耳を傾けなければならない。1914年にサラエボの銃声が第1次世界大戦という大きな災いに広がったのはまさに同盟の関与のためだった。
【時論】THAAD議論「非決定の決定」で乗り越えよう=韓国(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP