주요 기사 바로가기

日中会談に注力の安倍首相、総務相に「靖国参拝先送りを」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.04.23 10:31
0
22日晩に首脳会談を終えた中国の習近平国家主席と日本の安倍晋三首相の表情はともに明るかった。習主席は「ニーハオ」とあいさつする日本の女性記者に笑顔で手を振る余裕を見せた。昨年11月の険しい表情とは全く違った。記者会見で「大変、有意義な首脳会談だった」と強調する安倍首相の顔はやや興奮しているように見えた。

この日の首脳会談は綿密に準備された。歴史認識に対するお互いの主張を論じるものの、相手の立場に配慮するよう調整された。習主席としては中国が主導するアジアインフラ投資銀行(AIIB)の信用度向上のために日本の参加を誘導しようという立場だ。反腐敗運動で確固たる政権基盤を固めた習主席としては、この時点に強硬な対日路線をあえて示す必要がなかった。訪米を目前にした安倍首相としても「日本は中国と円満な関係を維持しようとしている」というメッセージを米国に示す必要があった。お互いの利害が一致した会談だったということだ。

会談の成功のため、安倍首相は春季例大祭を迎えてこの日午後に靖国神社を参拝しようとしていた高市総務相に対し、22日中には参拝しないよう緊急指示を出したりもした。

歴史認識問題をめぐり先に習主席が「日本は歴史を直視する積極的なシグナルを対外的に発出してほしい」と促した。今年8月の「安倍談話」に向けた発言だった。これに対し安倍首相は「村山談話、小泉談話を含む歴代内閣の立場を『全体として』継承していて、今後も継承する」という従来の立場を繰り返した。

この日午前の安倍首相の演説直前に習主席が席を外したことからも分かるように、歴史問題において中国が立場を急激に緩和するとは考えにくい。しかしこの日午前、安倍首相が「植民地支配と侵略」「痛切な反省と心からのお詫び」という核心の言葉を抜いた演説をしたにもかかわらず、中国が日本との首脳会談に応じたことで、韓国だけが孤立するのではという懸念が表れている。高高度ミサイル防衛(THAAD)配備をめぐり韓国を牽制する中国の「花見劫」(勝てば利益は大きく、負けても損は小さい囲碁の手)という分析も出てくる。したがって結果的に韓国政府がバンドン会議を戦略的に利用する機会を逃したという指摘が出ている。

◆米下院議員5人「安倍首相は、過去の歴史を謝罪するべき」

米下院議員が21日(現地時間)、米上・下院合同演説をする安倍首相に対し、過去の歴史を直視して謝罪するよう促した。マイク・ホンダ氏、チャールズ・レングル氏、スティーブ・イスラエル氏、ビル・パスクレル氏、グレース・メン氏の知韓派議員5人はこの日、安倍首相が合同演説をする下院本会議場で、公式演説と議事録の提出を通じてこのように明らかにした。議員の要求は一般記者会見ではなく米議会の公式記録として残る本会議場で行われたという点で、安倍首相に対する圧力として作用する見込みだ。

ホンダ議員は演説で、「第2次世界大戦から70年過ぎた今、安倍首相がはっきりと謝罪する時」と強調した。また「一部の人たちは、日本はもう十分に謝罪し、今は前に進む時だと話すが、最近続いている日本の歴史修正主義の試みをみると、平和と和解のために一歩を踏み出すたびに日本政府は二歩を後退している」と批判した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP