주요 기사 바로가기

韓国GDP対比企業債務、OECD諸国で7番目…日本より高く

ⓒ 中央日報日本語版2015.04.20 14:47
0
韓国の国内総生産(GDP)対比企業債務比率が経済協力開発機構(OECD)主要国の中で7番目に高いことが分かった。

20日、国会予算政策処が新政治民主連合の呉済世(オ・ジェセ)議員の依頼で作成した「企業債務現況と国際比較」報告書を見ると、昨年4-6月期の韓国のGDP対比企業債務比率は105%で、OECD主要15カ国中7番目に高かった。

GDP対比企業債務比率が最も高い国はアイルランドで189%に達した。さらにスウェーデンが165%、ベルギーが136%で高い水準だった。日本は101%で韓国よりも低かった。

韓国銀行の企業債務現況資料によれば昨年の韓国全体の企業債務は1493兆ウォンと集計された。2011年と比べて18.1%(229兆ウォン)も増加した数値だ。

呉済世議員は「政府と公共機関の債務急増で財政健全性が悪化している状況で、家計負債と企業債務の増加推移も尋常ではない」として「借金中心の経済運用は未来発展の可能性を引き下げる」と明らかにした。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP