주요 기사 바로가기

アシアナ航空副社長「可視距離充分だった」…「無理な着陸」指摘に反論

ⓒ 中央日報日本語版2015.04.17 16:16
0
アシアナ航空の山村明好・安全担当副社長は今月14日に発生した滑走路離脱事故と関連し、当時着陸に必要な水準の可視距離が確保されていたものと把握していると16日、明らかにした。

山村副社長は同日午後、広島空港で記者会見を行い、可視距離が確保されていない状態で無理な着陸を試みたのではないかとの指摘に対し、「現段階で着陸可能な視界だったと聞いている」と伝えた。続けて山村副社長は「現在解明中だが、何らかの理由で進入角度が正常ではなかった」と説明した。

これと関連し、日本メディアのNHKは16日、アシアナ航空機が滑走路に向かって接近していたころ、一帯の視界が着陸可能な水準だったにもかかわらず、わずか何秒の間に視界が悪くなったとみられると報道した。

この報道によると、滑走路周辺の視界情報を6秒間隔で記録している気象資料を分析した結果、事故発生5分前の14日8時3分の視界は1600メートルだったが、8時4分12秒に1300メートル、わずか6秒後の8時4分18秒には750メートル、8時5分30秒には300メートルと非常に見えづらい状況になっていた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP