주요 기사 바로가기

シーメンス社長「韓国、製造業の革新急ぐべき」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.04.17 14:29
0
シーメンス工場自動化事業部のラルフ・フランケ社長が「韓国が製造業の競争力を維持するためにはインダストリー4.0を本格的に導入しなければいけない」と述べた。

フランケ社長は15日(現地時間)、独ハノーバーで行ったインタビューで「インダストリー4.0は単なる工場の自動化を越え、デジタル情報を活用したビッグデータ時代にふさわしい革新」とし、このように述べた。

フランケ社長は「それぞれの機械が送ってくるデジタル情報を集めて仮想空間に“デジタル双子”を作れば、少ない費用でも製品の設計から最終消費段階にいたるまで多様なシミュレーションが可能であり、生産性を大きく高めることができる」と強調した。続いて「インダストリー4.0技術を全体工場設備の40-50%ほど導入したシーメンスのアンベルク工場の生産性は2011年から3年間で8倍ほど増えた」とし「中国やインドの企業がこの技術を先に獲得する場合、韓国製造業には大きな脅威となるだろう」と話した。

フランケ社長はインダストリー4.0を導入して成功するには職員の教育が重要だと強調した。フランケ社長は「インダストリー4.0導入で工場が自動化されれば雇用が消えるという懸念が世界的に広まっている」とし「自動化によって業務が転換されるのであり、雇用が消えるのではない」と主張した。フランケ社長は「アンベルク工場の職員は1200人であり、20年前とほとんど同じ」と紹介した。

続いて「ドイツ政府は中小企業もインダストリー4.0の恩恵を受けられるよう研究開発支援を続けている」とし「第4次産業革命であるインダストリー4.0の恩恵を多様な階層が享受できるよう政府と企業の協力が必要だ」と強調した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    シーメンス社長「韓国、製造業の革新急ぐべき」

    2015.04.17 14:29
    뉴스 메뉴 보기
    シーメンスのラルフ・フランケ工場自動化事業部社長
    TOP