주요 기사 바로가기

大卒失業者、史上初の50万人超え=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.04.16 11:17
0
韓国で大学を卒業した失業者数が先月初めて50万人を超えた。20代の大卒者の1-3月期(1~3月)失業率も史上最高の9.5%を記録するなど若者たちの求職難が深刻化していることが分かった。

統計庁が15日発表した「2015年3月雇用動向」によれば、先月の大卒失業者は50万1000人(失業率4.3%)と調査された。前月よりも2万人、前年同月と比較すると3万9000人増となった。大卒失業者が50万人を超えたのは1999年6月に関連統計調査を始めて以来初めてだ。

先月の15~29歳の青年失業者は45万5000人で、昨年3月よりも4万3000人増加した。失業率は10.7%で直前月(11.0%)と比較すると多少減ったが、2000年に新たな失業率指標が導入されて以降3月基準では最高値を記録した。分期別で見ると20代大卒者の求職難はさらに明確だ。今年1-3月期の20代大卒者失業率は9.5%で前年同期比1ポイント上昇した。2000年1-3月期の9.4%を15年ぶりに更新した数字だ。

だが統計庁は「15~29歳の青年雇用率が昨年同月より0.5ポイント上昇した40%を記録した」として「景気回復に対する期待で求職活動が活発になりながら雇用率と失業率が共に上昇した」と分析した。

先月基準の全体就業者数は2550万1000人で、昨年3月対比で33万8000人増えた。前月の増加幅(37万6000人)より下がり3カ月連続で30万人台の増加幅を記録した。2013年5月(26万5000人)以降で最も低い数だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP