주요 기사 바로가기

<成完鍾リスト波紋>自殺前のインタビュー録音ファイル公開…首相に10回言及

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.04.16 11:22
0
10回。成完鍾(ソン・ワンジョン)元京南企業会長が9日に自殺する前、京郷新聞の電話インタビューで李完九(イ・ワング)首相に言及した回数だ。15日に公開された約48分間のインタビュー録音ファイルによると、成氏は生の最後の瞬間を控え、親朴(親朴槿恵系)李首相に対する背信感とともに捜査対象にされたことへの悔しさを激情的に吐露した。

何よりも李首相に対する恨みが最も大きかった。成氏は「李完九首相がなぜ忠清道(チュンチョンド)にある会社、小さな会社を標的にするのか理解できない」とし「すべて李完九と青瓦台の作品」と述べた。京南企業が捜査対象となった理由については「昔は(関係が)少しそうだったが、今はそうでもないのに突然このようにする」とし「(私が)政治的に成長するのが妬ましくそうするのではないのか。そう見える」と話した。

成氏は潘基文(パン・ギムン)国連事務総長との親しい関係も自分が牽制を受けた理由の一つに挙げた。成氏は「潘基文を意識して(李完九首相が)ずっとそのような態度を見せた」とし「潘基文と近いのは事実であり、弟が我々の会社にいるのも事実だ。私が潘基文を大統領にすると積極的にしたのではない」と肩合った。

李首相に対する人物評も出てくる。「非常に欲が多い。あの方は。自分の欲望のために他の人たちを悪く利用する。人をたくさん死なせている」。犠牲になったのではという質問には「正直、青瓦台と李完九が組んでしているのではないのか。1兆ウォン粉飾というのが話になるのか。他の人たちは問題なく、なぜ我々だけにこのようなことをするのか。本当に汚い」と答えた。

成氏は、「MBマン(李明博前大統領の側近)も数多く知っているのでは」という質問に対し、「知っている。MBも知っていて、みんなよく知っている。知っているが…」と語った。続いて、「(李前大統領の兄)李相得(イ・サンドゥク)元議員などこうした側にお金を渡さなかったのか」という趣旨の質問に対し、「そのような人たちが私から金を受け取るだろうか。その人は私より数十倍、数百倍も多い人たちなのに。私からお金を受け取ろうとするだろうか」と話した。

検察の捜査に対しても不満を何度も表した。彼は「ポスコは秘密資金だけを捜査する。我々は家族関係だの、圧力だの、粉飾だの、秘密資金だの、すべてする。話にならない」と悔しさを表した。成氏は京南企業が捜査対象になったことに対する悔しさを吐露し、「私はマンション一つ買ったことがない」とし「ただ株式だけを持っているだけで現金がない。このように生きてきたが、そのように…。生きたいと思わない」とも語った。

成氏はインタビュー中ずっと死を暗示した。インタビューを始めると「私が犠牲になることで、これからは義理と信頼を守る市場、政界にならなければいけないという気がする」と話した。彼はインタビューを始めると、「時間があまりない」と自分の立場を伝えた。

成氏は特に奨学財団の話をし、鬱憤を表した。奨学財団が中断されるのを惜しみながら「最も胸が痛む」と語った。続いて「私が死ぬことがあっても命に代えてしたい」と語った。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP