주요 기사 바로가기

57カ国がAIIB創設メンバー…ADBとほぼ同じ規模

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.04.16 08:57
0
中国が設立を主導するアジアインフラ投資銀行(AIIB)創設メンバーは57カ国と確定した。中国財政省は15日、韓国を含め、スウェーデン・イスラエル・南アフリカ・アゼルバイジャン・アイスランド・ポルトガル・ポーランドが正式にAIIB創設メンバーの地位を取得したと、ホームページで明らかにした。

韓国は先月26日、参加申請をし、11日にスペイン・豪州とともに創設メンバーの地位を取得した。創設メンバーは大陸別にアジア34カ国、欧州20カ国、アフリカ2カ国、米州1カ国だった。1966年の設立当時に31カ国でスタートしたアジア開発銀行(ADB)の現加盟国67カ国に迫る数字だ。台湾は国号を「中華台湾」として参加を申請したが、「一つの中国」原則を前面に出す中国が「中国台湾」にこだわり、創設メンバーから除外された。米国と日本は創設メンバーを拒否し、北朝鮮も参加を申請したが拒否された。

中国共産党機関紙の人民日報はこの日、社説を通じて「中国が『開放的地域主義』原則の実践に動き出した」とし「AIIB創設がアジアの繁栄に希望を与えるだろう」と評価した。社説は、AIIBが運営方式を革新して効率を最大化する方針だと明らかにした。AIIBは企業と協力パートナーシップモデルを導入し、民間部門が低所得国のインフラ建設に参加できるよう誘導する方針だ。

またAIIBは協力プラットホームとして各国の状況に合うように多様な機会を提供する予定だ。人民日報はAIIBを通じて「アジアの中小国家は国際金融機構参加の経験を、英国のような伝統金融大国は競争力強化の機会を、豪州のような資源大国は市場拡大の機会を、また、サウジアラビア・カタールのような国富ファンド強国は安定した投資機会を得ることになるだろう」と伝えた。

中国がAIIBを人民元国際化の手段として活用するという見方も出てきた。香港サウスチャイナモーニングポスト(SCMP)は15日、中国当局がAIIB貸出決済に使われる通貨バスケットに人民元が含まれるよう努力する予定だと報じた。中国は人民元建て貸出とAIIB特別引出権(SDR)を構築するよう推奨するものの、加盟国間で合意がなければ米ドルを決済通貨として使用した後、徐々に人民元使用の拡大を推奨する計画だとSCMPが伝えた。

創設初期、AIIBは米国が不透明性と世界銀行・ADBのような類似機構の存在を理由に友邦の参加を阻止し、困難があった。しかし先月12日に英国がAIIB参加を電撃宣言し、国際世論が急変した。創設メンバーを確定したAIIBは今後、出資比率と支配構造をめぐり激しい駆け引きが予想される。AIIB本部は最大出資参加国である中国・北京の金融街にすでに建設中だ。中国は創設メンバーを確定した後にも未参加国の参加を歓迎すると明らかにした。後発国は投票権を持つが、AIIB規則制定の過程からは排除される。

キム・シジュン西江大国際大学院長は「AIIBが従来の国際金融秩序に短期的に及ぼす影響は大きくない」としながらも「しかしADB設立から49年ぶりに世界2位の経済大国の中国が主導する新しい金融機構が登場したという点で、銀行設立以上の意味を持つ」と評価した。また「韓国はこれから自国の国内企業が恩恵を受けられるよう努力する必要があり、長期的に統一財源として活用できる案を模索しなければいけない」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP