주요 기사 바로가기

米国務副長官「韓日関係、肯定的軌道に…両国の緊張解かねば」

ⓒ 中央日報日本語版2015.04.15 11:31
0
トニー・ブリンケン米国務副長官が「韓日関係は肯定的な軌道に乗ったとみられる」と評価した。

ブリンゲン副長官は14日(現地時間)、国務省庁舎で開かれた記者会見で、ソウルで開かれた韓日安保政策協議会を取り上げてこのように明らかにした。

ブリンゲン副長官は「韓国と日本の間の緊張が北朝鮮の核問題のような共通の危険に対処する際に弊害となっている」と話した。

また「米国は韓日関係に戦略的利害があり、両国と一緒にその緊張を解かなければならない動機がある」と伝えた。

ブリンゲン副長官は今月16日、米国務部庁舎で趙太庸(チョ・テヨン)外交部第1次官、斎木昭隆・日本外務省事務次官と共に、韓日米外交次官会議を開いて歴史問題や3国安保協力方案について協議する予定だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP