주요 기사 바로가기

韓国、国家デフォルトリスクが7年ぶりに最低…サムスン、現代車も下がる

ⓒ 中央日報日本語版2015.04.14 11:01
0
韓国の国家デフォルトリスクを現わすクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)プレミアムが7年ぶりに最低値を記録した。

国家信用等級の上向きの可能性の中、サムスン電子や現代車など主要企業のデフォルトリスクも今年に入って大幅に下がった。

14日、市場情報機関「マーケット」によると、韓国の5年満期外国為替平衡基金債券につくCDSプレミアムは米ニューヨーク市場で前日終値基準48.41bp(1bp=0.01%)と集計された。

これは昨年9月5日の52週最低点(48.90bp)よりも低いもので、金融危機発生前の2008年1月3日(48.00bp)以降で最低値となる。CDSは債券発行国や企業が倒産した時に損失を補償する派生商品で、加算金利(プレミアム)がつく。CDSプレミアムが低いということは、それだけ該当国家や企業のデフォルトリスクが低いことを意味する。

年初に世界金融市場を襲った原油価格急落がある程度落ち着きを見せているところに、国際格付け機関であるムーディーズが今月10日に韓国の国家信用等級展望を「安定的」から「肯定的」に高めた点もリスクダウンに一役買った。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP