주요 기사 바로가기

進むウォン高円安…韓国の輸出競争力弱化に懸念の声

ⓒ 中央日報日本語版2015.04.09 15:58
0
ウォン価値の下落が円についてゆけず、為替レートは100円=900ウォン台に近づいた。

韓国銀行によると、今月7日の円ウォン為替レートは100円=910ウォン65銭で2008年2月29日(895ウォン57銭)以降、7年ぶりの最低値を記録した。100円=927ウォン9銭となった先月30日以降、6取引日連続でウォン価値が下落した結果だ。

3月の雇用指標不振に利上げ期待がのしかかっているグローバル米ドル強勢が一服する中、ウォン価値の下落が円の下落幅より相対的に大きくなり、結果的にウォン高円安が進むことになった。

今月に入り、円価値は米ドル比0.38%下がったが、ウォンは0.66%下がった。今月初めに920ウォン台で取り引きされていた円ウォン為替レートは1週間で10ウォン以上も下がった。

これを受け、韓国の輸出競争力が弱まる懸念も出てきている。現代経済研究院は、今年円ウォン為替レートが平均900ウォンまで落ちた場合、韓国の輸出が8.8%減少すると予想した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP