주요 기사 바로가기

【社説】終わりのない安倍首相の歴史歪曲…日本国民に学ぶべき

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.04.07 10:37
0
日本の文部科学省が「韓国が竹島を不法占拠している」と強弁する中学歴史教科書の検定結果を発表した。公民・地理の教科書にあった独島(ドクト、日本名・竹島)関連の詭弁を歴史の教科書にまで拡大したのだ。18点のうち13点は「韓国が不法占拠中」という挑発的な主張をし、「日本が1905年に竹島を編入した」と強弁する内容もある。このような教科書で習う日本の中学生が韓国を「悪い国」と考えるのは明らかであり、大人になれば現在の大人の世代よりはるかに強硬な立場を取ることになるだろう。

今回の挑発は、国交樹立50周年と光復(解放)70周年を迎えて韓日間にようやく醸成された対話ムードに冷や水を浴びせるものであり、遺憾だ。その間、韓国政府は日本が慰安婦問題に誠意さえ示せば正常化に向かうことができるというメッセージを投じてきた。先月の韓日中外相会談で3カ国首脳会談に努力するという合意を主導的に引き出したのも韓国だ。これに関して安倍首相が朴槿恵(パク・クネ)大統領に謝意を表したのは数日前のことだ。にもかかわらず強力な独島挑発を再開したのをみると、安倍首相の内心は何か、繰り返し韓日首脳会談を開こうと求める日本政府の本心は何か疑わしい。

独島問題については政府の断固かつ冷徹な対応が必要だ。国際社会に独島は韓国の領土という広報を攻勢的に強化する方法もあるが、独島が紛争地域という誤った認識を抱かせる可能性を考慮し、慎重に接近する必要がある。教科書挑発にもかかわらず、独島は我々が実効的に支配している「大韓民国」であるからだ。日本がいくら領有権の主張を強化しても、独島は日本の領土になれない運命ということだ。日本は現実を直視しなければいけない。

ちょうど九州大学医学部が第2次世界大戦当時に米軍捕虜8人に対して人体実験をしたという蛮行を告白し、贖罪した。生きている米軍捕虜の肺を摘出し、血管に海水を注入して死亡させた事実をメディアに公開したのだ。九州大は新築した医学部の建物にこうした事実を記録した展示物を置き、死亡した米軍捕虜を追悼する空間も設置したという。この事件は九州大で長い間タブーだった。しかし安倍首相の暴走に対する日本の市民の懸念が強まり、大学内部からも「歴史の真実を知らせるべき」という声が高まり、70年ぶりに恥ずかしい過去を公開することになったという。

安倍政権が過去の歴史を歪曲するほど、このように歴史の真実を知らせようとする日本の市民社会の声も強まるのは明らかだ。日本国民の半分以上(56%)が安倍首相が終戦70年談話で過去の歴史を反省・おわびすべきだと回答したという読売新聞の世論調査はその一つの傍証だ。日本は韓国をはじめとする周辺国はもちろん、国民までが反発する歴史歪曲と独島領有権詭弁を直ちに中断し、北東アジアの平和と繁栄を増進する努力に賛同することを望む。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP