주요 기사 바로가기

韓国教育部「日本教科書“偽りの内容”を糾弾…直ちに是正を」

ⓒ 中央日報日本語版2015.04.06 18:41
0
韓国教育部は6日、日本政府が「韓国が独島(ドクト、日本名・竹島)を不法占拠している」という主張が含まれた中学校社会科教科書数を大幅拡大した検定結果を発表したことについて糾弾し、即時是正を要求した。

教育部は同日、報道官名義で発表した声明のなかで、「大韓民国の固有領土である独島を自国領土として表記し、『韓国が不法占拠している』という偽りの内容を収録した教科書を検定合格として通過させた」とし「また、国際的に非難を受けている旧日本軍慰安婦に言及しないことで歴史的真実も歪曲した」と批判した。

続いて「歴史的認識と判断能力を持たない生徒に領土と歴史について誤った認識を植え付けるような内容を教えるのは、未来の北東アジア地域の平和を脅かすおそれのある非常に非教育的な行為として糾弾されて当然だ」と付け加えた。

教育部は「日本が不都合な歴史を歪曲して隠すなら国際的な非難を免れることはできない」とし「日本文部科学省は侵略の歴史に対する正しい認識で、誤った過去を痛切に反省し、誤りを正していくことに率先するよう強く促す」と明らかにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP