주요 기사 바로가기

韓国人の「精神健康と幸福調査」

ⓒ 中央日報日本語版2015.04.03 16:40
0
韓国の成人男女の36%が自分は幸せではないと感じていることが明らかになった。

大韓神経精神医学会は調査専門機関マクロミル・エムブレインに依頼して先月ソウルと6大広域都市で満20~59歳の男女1000人を対象に「精神健康と幸福調査」というアンケート調査を実施し、このような結果を確認したと3日、明らかにした。

調査結果によると、本人が「幸せではない」と回答した比率は36%であることが調査された。半面、「幸せだ」と回答した比率は64%だった。全体対象者のうち、3分の1程度がゆううつ、不安、怒りのような情緒的障害を経験していた。

幸福に最も大きな影響を及ぼす要素は「健康状態に対する認識」と「うつ症状」だった。健康状態に対する肯定的な認識と結婚は、幸福に肯定的な影響を与える一方、うつ病や怒り調節障害、ストレスは否定的な影響を与えていた。

回答者の56%が自分はうつ病ではないかと疑ったことがあるとし、うつ病と聞いて思い浮かぶ最も代表的な症状は気分低下(83%)、興味喪失(79%)だった。

20~30代の場合は日常生活に対する興味喪失を、40代は睡眠障害・不眠症と理由もなく泣く現象を、50代は認知障害を相対的に多く訴えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP