주요 기사 바로가기

熟睡できない韓国人が半数以上…原因は?

ⓒ 中央日報日本語版2015.04.02 15:02
0
韓国の成人のうち半数以上が熟睡できていないという調査結果が公表された。

韓国自生韓方病院の独自開発枕「自生推拿枕」がモバイル調査機関オープンリサーチとともに20歳以上の成人男女1000人を対象に調査し、2日に発表した資料によると、回答者の54%が熟睡できていないと回答した。

回答者の一日の平均睡眠時間は5時間以上7時間未満が65%で圧倒的だった。睡眠時間が5時間未満という者も11%いることから、あわせて76%が推奨睡眠時間の8時間を満たしていないことが明らかになった。

回答者は睡眠時間だけでなく睡眠の質にも問題があることが明らかになった。睡眠中あるいは睡眠後に痛み等を感じたことがあるという回答者は半数以上の65%に達した。痛みを感じた部位は首・肩が大多数で、腰痛も2位を占めた。

横に寝たりうつ伏せになって寝たりする習慣を持つ人が72%に達した。まっすぐに横になって寝る人は28%に過ぎなかった。

「自生推拿枕」関係者は「良質の眠りこそ健康な人生の第一歩ということで熟眠に対する関心は高いが、どうしたら熟睡できるのか分からずに睡眠習慣を改善できない人が多い」とし「熟眠のためには自身の睡眠パターンを考慮した枕を選び、一定の時間に眠りにつく規則的な睡眠習慣を身に付けなければならない」と伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP