주요 기사 바로가기

<野球>韓国プロ野球開幕、開幕戦5試合に9万3746人殺到

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2015.03.29 10:35
0
韓国プロ野球が開幕し、野球に飢えた9万3746人が野球場に駆けつけた。しかし惜しくも全球場でのチケット完売には失敗した。

28日に全国5カ所の野球場で2015シーズンKBOリーグ開幕戦が開かれた。シーズン到来を待ち望んだ多くのファンが球場を訪れた。開幕戦が開かれた5カ所の球場のうち4カ所でチケットが完売するほど高い熱気に包まれた。

最初に完売を発表したのはネクセン対ハンファの対戦が行われた木洞(モクドン)球場だった。木洞球場は試合開始1時間30分前の午後0時30分に1万2500席がすべて売り切れた。ネクセンは2013シーズンポストシーズンに進出したおかげで今年の開幕戦をチーム創設から初めてホーム球場である木洞球場で迎えた。過去2シーズンに良い成績を出したことがファンの心をつかんだ。ここに開幕戦の相手が今シーズンの話題の中心にいるハンファという点が興行をあおった。

完売のバトンは釜山(プサン)が受け継いだ。ロッテ対KTの開幕戦が開かれた社稷(サジク)球場は試合開始20分後の午後2時20分に2万7500席が完売した。2012年の開幕戦から3年ぶりだ。ロッテは昨年2年連続ポストシーズン進出失敗と内紛、監視カメラ問題などが重なり多くの非難を受けた。フロント退陣を促す1人デモが起きるなど直接行動で不信を示した事例もあった。

しかしフロント首脳陣と指令塔の交替で新たなスタートを準備し、冬の間に選手が固く団結し今シーズンの善戦を準備した。オープン戦でチーム平均自責点1位、最小失点を記録し良好な競技力を見せるとファンの期待感も再び高まり始め、結局開幕戦満員という気持ち良いスタートを切った。

完売の波は大邱(テグ)と光州(クァンジュ)へと続いた。サムスンとSKが対戦した大邱では午後2時40分に1万席が完売した。起亜とLGが対戦した光州は午後4時1分に2万2000席がすべて売り切れた。斗山(トゥサン)とNCの開幕戦が行われた蚕室(チャムシル)球場だけが唯一完売できなかった。定員より5000人少ない2万1746人が訪れた。NCの知名度がまだ他球団に比べ低いことが完売に至らなかった原因とみられる。しかし開幕戦全体では9万人を超える観衆が集まっており、今シーズンの観衆800万人達成が期待される。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <野球>韓国プロ野球開幕、開幕戦5試合に9万3746人殺到

    2015.03.29 10:35
    뉴스 메뉴 보기
    韓国プロ野球開幕戦5試合に9万3746人のファンが殺到した。
    TOP