주요 기사 바로가기

工事中に床板崩壊…作業員9人が落下、1人死亡=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.03.26 10:37
0
京畿道龍仁市(キョンギド・ヨンインシ)の道路工事現場で橋梁床板が崩壊し、作業員1人が亡くなり8人が重軽傷を負った。

25日午後5時20分ごろ、龍仁市処仁区南四面(チョイング・ナムサミョン)の国支道(国家支援地方道)23号線の橋梁工事現場でコンクリート打設作業をしている途中、幅15.5メートルの床板が20メートルにわたり崩壊した。この事故で床板の上で作業をしていた16人のうち、イさん(67)ら9人が10メートル下に落下した。

これら作業員のうち、コンクリートの下敷きになったイさんはヘリコプターで近くの病院に運ばれて心肺蘇生術を受けたが亡くなった。心肺蘇生術を受けているもう1人の作業員は重態だが命に別状はない状態だ。その他7人は軽傷であることが確認された。床板で一緒に作業をしていた他の7人は落下は免れ無事に避難した。龍仁消防署関係者は「現場に出動したとき、9人が落下した状態だった」とし「亡くなったイさんは崩壊したコンクリートで腰まで下敷きになっていた」と話した。

警察は、同日橋梁床板でコンクリート打設作業をしている間、鋳型がその重さを耐えられず崩れ落ちたものと推定している。橋梁床板作業していたところ落下して負傷したアンさん(57)は「コンクリート作業をしているとき、突然『ミシッ』という音とともに工事現場が崩壊した」とし「20分ほどがれきの中に埋まっていたが、仲間によって助け出された」と当時の状況を伝えた。

肋骨を骨折したイさん(57)は「作業している時には崩れそうな様子は全くなかったが、あっという間に下に落ちて何かする時間さえなかった」とし「土ぼこりで前を見ることもできない状況でこのまま死ぬのかと思われた」と話した。同日、現場ではコンクリート1034立方メートルの打設が計画されていて、鋳型に950立方メートルを流し込んだ時に事故が起きたと現場関係者は明らかにした。

事故がおきた現場は南四~東灘(ドンタン)国支道23号線工事区間で、LHが東灘新都市広域交通計画の一環として発注した。2012年末からロッテ建設が施工を担当し、今年末に完工予定だった。消防当局は崩壊した建設資材のがれきの中にも負傷者がいる可能性に備えて夜遅くまで捜索を続けた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    工事中に床板崩壊…作業員9人が落下、1人死亡=韓国

    2015.03.26 10:37
    뉴스 메뉴 보기
    25日、京畿道龍仁市処仁区の橋梁床板崩壊現場で警察と消防当局がフォークレーンを動員して負傷人の救助作業を行っている。同日の事故で作業員1人が亡くなり8人が重軽傷を負った。
    TOP