주요 기사 바로가기

ギャラクシーS6、発売前から大反響(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.03.25 10:07
0
24日午後、ソウル鍾路(チョンノ)のA移動通信会社代理店。昼休みに立ち寄った客で混み合っていたが、ほとんどが手ぶらで去っていった。職員のキムさん(27)は「ギャラクシーS6が発売されれば連絡してほしいと言って電話番号を残していく客が多い」とし「ギャラクシーS6エッジの価格情報をよく聞かれる」と伝えた。

英国デザイン会社ゴールドジニーは純金(24K)メッキのギャラクシーS6の事前予約販売に入った。まだ公式発売していない製品のラグジュアリーバージョンが登場したのは異例だ。ゴールド・ローズゴールド・プラチナの3種類で発売する予定であり、価格は1664ポンド(約30万円)からだ。

4月10日のギャラクシーS6の世界発売を控え、市場の反響は大きい。調査機関や証券会社は今年のギャラクシーS6の販売台数を5000万台以上と予想している。

この日、サムスンデジタルプラザ江南(カンナム)本店と主要移動通信会社の直営店は訪問客が絶えなかった。発売前に一般消費者に製品を公開する事前体験イベントのためだ。訪問客はカメラ・動画など内部機能をテストし、デザインをチェックした。このように関心が高いため、SKTとKTは「予約販売開始お知らせ予約」という以前にはなかったサービスまで始めた。簡単に言えば「予約開始案内」を予約するサービスだ。正式予約販売に先立ち、関心がある機種と色、名前・電話番号など個人情報を入力すれば、予約販売が始まる時に関連情報を先に受けることができる。

予想以上の反響に移動通信市場も注目している。公式発売日まで携帯電話の買い替えを先延ばしする消費者が増えているからだ。移動通信会社がS6発売後に使う補助金を確保するために最近補助金を減らした点も影響を及ぼした。実際、今月1日にS6が公開された後から21日まで、番号移動が一日2万件以上を記録した日は2日(2日、16日)にすぎなかった。補助金が減り休日も多く市場が低迷した先月(合計9日)の4分の1にもならない。

消費者の目は価格と公示補助金に注がれている。電子・移動通信業界によると、S6の出荷価格は32GBモデル基準で85万ウォン(約9万円)台に決まる見込みだ。昨年S5(当時の出荷価格86万6800ウォン)より低い。アーリーアダプターの関心が高いS6エッジ(32GB)の出荷価格は90万ウォン台半ばが有力だ。64GB・128GBはこれより10万-20万ウォン高いとみられる。業界の関係者は「インドの発売行事で公開した出荷価格よりもやや低い」とし「ドル高という状況を考慮したうえ、『出荷価格を低くするべき』という政府の圧力も反映したと聞いている」と話した。
ギャラクシーS6、発売前から大反響(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    ギャラクシーS6、発売前から大反響(1)

    2015.03.25 10:07
    뉴스 메뉴 보기
    サムスン電子の「ギャラクシーS6」
    TOP