주요 기사 바로가기

韓国、孤独死が毎年増加傾向…昨年初めて1000人越える

ⓒ 中央日報日本語版2015.03.24 15:36
0
一人で孤独に死を迎える孤独死が、昨年、過去初めて1000人を超えたことが分かった。

金椿鎮(キム・チュンジン)国会保健福祉委院長は、保健福祉部が提出した「2014市道別・年齢帯別・性別の孤独死 死亡者現況」を分析した結果、このように確認されたと24日、明らかにした。

分析結果によると孤独死は昨年1008人と集計され、1000人を超えたことが分かった。2013年878人に比べて15%増加した。

年齢別では40代以下の孤独死数が2013年117人から2014年187人と59.82%に増加した。次いで70代153人から205人の35.95%、60代199人から247人の24.12%、50代253人から280人の10.67%という増加順位だった。

性別では男性が764人で75.8%、女性が155人で15.4%と、男性が女性より4.9倍ほど孤独死の割合が高いことが調査で分かった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP