주요 기사 바로가기

“シンガポールの父”リー・クアンユー元首相が死去…潘国連事務総長が弔意

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.03.23 11:38
0
“シンガポールの父”と呼ばれるリー・クアンユー元シンガポール首相が91歳の年齢で死去した。

シンガポール首相室は声明で、「リー・クアンユー元首相が今日午前3時18分、シンガポール総合病院で安らかに目を閉じた」と23日午前、伝えた。リー氏は先月5日に肺炎で入院した後、集中治療室で人工呼吸器に依存してきたという。

国連の潘基文(パン・ギムン)事務総長もリー氏の死去に弔意を表した。潘総長は声明で、リー氏の家族をはじめとするシンガポールの国民と政府に哀悼の意を表すと伝えた。潘総長は「シンガポールは今年、独立50周年を迎える」とし「シンガポールの国父であるリー氏はアジアで最も伝説的な指導者の一人として記憶されるだろう」と述べた。

“シンガポールの父”と呼ばれるリー・クアンユー元首相は現代シンガポールの原形を築いた人物と評価されている。英国の植民地の小さな港町にすぎなかったシンガポールは、リー氏が執権する間、世界で最も裕福な国の一つに生まれ変わった。シンガポールがマレーシアから分離独立した1965年に初代首相となったリー氏は、1990年に退任するまで25年間にわたり首相を務めた。首相退任後も元老として政策への関与を続け、2004年から2011年まで内閣顧問を務めた。シンガポール現首相もリー氏の息子のリー・シェンロンだ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP