주요 기사 바로가기

【社説】ランボルギーニ追突事故が保険詐欺とは…=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.03.22 13:15
0
巨済島(コジェド)で起きたランボルギーニ追突事故を見る市民の心は虚しいことこの上ない。修理費1億4000万ウォン(約1507万円)にレンタル台が1日200万ウォンという噂まで広がり、事故を起こした人への同情があふれた。ところが映画のような“大反転”が起きた。知り合い同士で示し合わせて起こした詐欺と明らかになったのだ。韓国社会で保険詐欺がどれだけ大胆で広範囲に行われているのかを如実に示す事件だ。「加被共謀」という保険業界用語がある。加害者と被害者が共謀し、役割を分担して交通事故を起こした後で保険金をせしめる手法だ。この言葉がしばしば使われるほど同様の保険詐欺はしばしば起きる。ランボルギーニの事例ははびこっている「加被共謀」の一例にすぎない。

2010年からの5年間に保険詐欺で摘発された金額だけで2兆ウォン台に達する。昨年上半期には2012年上半期の2200億ウォンから2800億ウォンに大きく膨らんだ。毎年8万人程度が保険詐欺犯として処罰を受ける。手法が知能化・凶暴化するのも大きな問題だ。国際結婚後に交通事故に偽装して配偶者を殺害したり、モーテル型病院を建てて組織的に数十億ウォン台の詐欺を行うかと思えば、最近はSNSを利用した「加被共謀」まで登場した状態だ。

韓国社会は保険金を不透明な金、保険詐欺を保険会社だけ損害を受ける大したことのない軽犯罪と認識する傾向が強い。だが保険詐欺による被害は善良な加入者が抱えるほかはない。保険研究院が2010年に推定した結果によると、保険詐欺に流れて行く“黒い”保険金は年間3兆4000億ウォンだ。これは加入者に支払った保険金27兆4000億ウォンの12%に相当する。

保険詐欺は社会に及ぼす害悪に比べ過度に軽い処罰を受ける。裁判に持ち込まれても実刑は25%だけで、65%が執行猶予で釈放される。米国の一部の州では保険詐欺罪を別に設け詐欺予備陰謀まで処罰する。ドイツも保険詐欺は懲役刑で厳しく処罰する。ランボルギーニ事件もやはり以前の事例に照らしてみると緩い処罰にとどまる可能性が大きい。共謀者が警察の捜査を受けたとしても、保険金請求を放棄した上に温情的な司法慣行に照らしてみれば罰金150万ウォン前後の処罰にとどまるだろうという。

これからは司法府も保険詐欺をもう少し厳重に扱わなければならない。金融当局のお粗末な取り締まりシステムと非常に不足する取り締まり人材もやはり補強されなければならない。立法府は保険詐欺関連立法を積極的に検討しなければならない時になった。刑法に保険詐欺罪を新設し、これに合わせ施行令を作ってこそ保険詐欺を効果的に取り締まり、処罰することができる。こうした立法請願は何回もあったが法曹界出身議員の反対で失敗に終わった。基準法である刑法にむやみに手を付ければ司法体系の安定を害する恐れがあるという反対の根拠を理解できないことではない。だが「ランボルギーニ加被共謀」に見るように、韓国社会の保険詐欺に対するゆがんだ認識を覆い伏せる段階は過ぎた。庶民経済と社会安全を保護するためにも保険詐欺罪新設は十分に考慮すべき対案だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP