주요 기사 바로가기

村田製作所社長「お金よりも作品作り一筋でやってきた」(1)

ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版2015.03.16 10:53
0
今世紀最高の発明品というスマートフォン市場でサムスンとアップルが1位を争う時、後で笑う会社がある。日本の電子部品メーカー村田製作所だ。その笑いはただ出てきたのではない。同社の村田恒夫社長は「常に勉強しなければならず、単純に金を儲けるためにではなく作品を作るという気持ちで働かなければならない」と話す。

お金より作品とは。製造業大国の日本では十分に出てくるだろう話だ。作品、しっかりと作った工業製品を示す時によく使う言葉だ。単純な高性能製品を超え、職人の技がすみずみにまでにじんでいる。そのため職人魂が漂う芸術品の域に至った物をいう。最近京都近郊の長岡京にある村田製作所本社で中央SUNDAYと会った村田社長もやはり作品を強調した。

彼は「われわれには長い歴史を通じて作られたものづくり精神がある。これは一朝一夕にはできない」と話した。ものづくりは「物作り」だが、「渾身の力を込めて最高の製品を作るという製造業精神」を意味する。京都は日本でもものづくりの伝統が強い地域だ。

同社の製品にはスマートフォンに必要な積層セラミックコンデンサーというものがある。電子製品回路に電流が一定に流れるよう制御する装置だ。スマートフォン1台の価格のうち多ければ50%を村田製作所などの日本企業の部品が占めていると見られる。シャオミやファーウェイなど中国のスマートフォンメーカーが急成長し部品需要は増加し続けている。

同社の昨年の売り上げは1兆円で、前年より28%増えた。純利益は14年来の高水準となる1500億円を記録した。2012年に3690円だった株価は13日には1万6395円まで高騰した。ソニーなど日本の大手企業が苦しんでいるのと違い、電子部品一筋でしっかりとした成績を上げた。村田は世界の積層セラミックコンデンサー市場でシェア35%を持ち1位だ。村田社長は成長の秘訣を、「消費者は新しい製品を要求するだけで待ってはくれない。多くの決定権限を現場実務者に渡し、速く正確な決定をしたのが功を奏した」と説明した。

1944年に父親の村田昭(1921~2006)が会社を設立した時は小さな工芸商店水準にすぎなかった。だが、当代最高の電子工学者だった京都大学の田中哲郎教授の最新研究結果を紹介され成長の勢いに乗った。ラジオに使われるセラミックインシュレーター(陶器絶縁体)を開発し大ヒットしたのだ。当時の産学協力の教訓は村田製作所のDNAとして残っている。村田社長は「ラジオからテレビへ、自動車電話から携帯電話へ、われわれの部品がどのように活用されるか正確で迅速な決定をしなければならなかった」と話した。その決定を数多くの研究と勉強が後押ししたということだ。(中央SUNDAY第418号)
村田製作所社長「お金よりも作品作り一筋でやってきた」(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    村田製作所社長「お金よりも作品作り一筋でやってきた」(1)

    2015.03.16 10:53
    뉴스 메뉴 보기
    村田製作所の技術を総集約した「ムラタセイコちゃん」。
    TOP