주요 기사 바로가기

サムスンが明らかにしたスマートフォン1位戦略…細分化戦略強化

ⓒ 中央日報日本語版2015.03.13 16:40
0
申宗均(シン・ジョンギュン)サムスン電子IM(IT・モバイル)部門社長は13日、「スマートフォンのラインナップを新たにし、セグメント(細分化)戦略を強化する」と話した。申社長は同日、ソウル瑞草洞(ソチョドン)のサムスン電子多目的ホールで開かれたサムスン電子46期定期株主総会で今年のスマートフォン事業戦略に対してこのように明らかにした。

サムスンは昨年末から中低価フォン代表モデルのギャラクシーA、E、Jを該当地域の市場性に合わせて細分化して発売しているが、この戦略をさらに強化するものと分析される。実際、ギャラクシーA3、A5とギャラクシーE5、E7は年初にインドで同時発売されたが、韓国ではA5とA7だけが発売された。低価格モデルに属するA3モデルとEシリーズは韓国では需要層がないという判断からだ。

申社長は今後、中低価フォンにメタル素材のスリムデザインを拡大適用するだろうと予告した。

これはプラスチックの代わりにメタル素材を電撃導入したギャラクシーA、E、Jとともにプレミアム戦略スマートフォンであるギャラクシーS6とS6 edgeも好評だったことによる自信とみることができる。

これと合わせ、プレミアム市場は今月はじめに公開したギャラクシーS6とS6 edgeで主導権を強固にすると自信を持っている。海外メディアと取引先から好評を受けている以上、来月の発売前までに準備を徹底し、高価市場で強まっているアップルの攻勢をはね除けたい考えだ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP