주요 기사 바로가기

女優ソ・ジョンヒ「結婚後32年間捕虜生活」

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2015.03.13 10:57
0
夫ソ・セウォンと法廷争いを行っている女優のソ・ジョンヒが4回目公判で32年間の結婚生活が「捕虜生活」だったと主張した。

12日午後、ソウル中央地裁では傷害容疑で不拘束起訴されたソ・セウォンの4回目公判が開かれた。

ソ・ジョンヒは「本格的な証言に先立ち明らかにしたいことがある」として、同日公判を担当していた判事に向かって話し始めた。ソ・ジョンヒは「夫が浮気一度したからと、暴行一度したからといって私がここまで来ると思うか」とし「32年間で受けたことはそんなことよりもはるかに多い。ところで、このような場所に来るまでになったのは、当時、生命の危険を感じたため」と語った。

その後、ソ・ジョンヒは泣き続けた。少し落ち着いたソ・ジョンヒは、夫ソ・セウォンとの初めての出会いにさかのぼって話を続けた。ソ・ジョンヒは「夫とは19歳だった時に初めて会った。性暴行に近い行為にあったまま数カ月間監禁され、その後32年間の結婚生活は捕虜生活そのものだった」と主張した。

また「今まで一度もこのような夫のことを明らかにしなかったのは、夫を牧師にすればあらゆる事を変えることができると思ったから」と伝えた。

ソ・ジョンヒは傷害事件が起きた当日の情況についても具体的に証言した。ソ・ジョンヒは「米国に留まったソ・セウォンが『不倫女性のことには触れるな』『離婚を要求すれば殺すぞ』等の口にすることはできない脅迫を私にした。そうしたところに韓国に帰国したら会おうと言った。それが5月10日」としながら話した。その後「当時、ソ・セウォンが首をしめたか」という検察の質問に「まず、この席ではとても言えないような夫の暴言が始まった。初めて聞く内容ではなかった。その暴言は32年間ソ・セウォンという人が歌ってきた『歌』だった」と主張した。ソ・ジョンヒは当時ソ・セウォンが「私の首をしめて暴行を加え、思わず小便まで流した」として涙を流した。

ソ・ジョンヒは昨年5月10日、ソウル江南区清潭洞(カンナムグ・チョンダムドン)自宅の駐車場でソ・セウォンと言い争いを行っている間に彼に押されて倒れたとし、ソ・セウォンを暴行容疑で警察に届け出た。ソウル中央地検児童犯罪調査部(部長検事ファン・ウンギョン)はソ・セウォンを傷害容疑で不拘束起訴した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    女優ソ・ジョンヒ「結婚後32年間捕虜生活」

    2015.03.13 10:57
    뉴스 메뉴 보기
    女優のソ・ジョンヒ
    TOP