주요 기사 바로가기

仁川空港、2年連続「世界最高の乗継空港」選ばれる

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.03.13 10:07
0
仁川(インチョン)空港が、各国旅行者による「世界最高の乗継空港」に選ばれた。

仁川国際空港公社は今月11日(現地時間)、仏パリで開かれた「ワールド・エアポート・アワード 2015」で「最高の乗継空港賞(Best International Transit Airport)」を受賞したと明らかにした。この賞は英国の航空サービス専門コンサルティング会社「スカイトラックス」が各国旅行客1200万人を対象にオンライン・アンケート調査を実施して受賞者を決める。仁川空港は昨年に続き2年連続で受賞した。

公社は「便利でスピーディーな乗り継ぎ手続き、さまざまな便宜施設、無料ツアーなどが高い評価を受けたと分析される」と明らかにした。仁川空港は乗継客のために無料インターネットゾーンやシャワー施設などを運営している。2013年からは乗継客が滞留時間を利用してソウルや仁川の観光名所を見学できるように無料ツアーも提供している。現在までに約9万4000人(累積)がこのサービスを利用した。

昨年の仁川空港の乗継客は725万1148人だった。2013年までは年平均11%ずつ乗継客が増えたが、昨年は前年に比べ46万人減少した。同じ国籍の航空会社が乗継席の供給を整理したり、収益が落ちる路線を減らしたりしたことが原因に挙げられる。中国・日本などのライバル空港が国際線の就航を増やすなど「仁川空港の追跡」に出たのも一因だ。これに対し、公社は乗継客を誘致する航空会社・旅行会社にインセンティブを提供するなど対応に乗り出している。

これに伴い、昨年-6%(年間)に達した乗継客の減少幅が先月-2%に減り、3月に入ると前年同期比21.8%増となったことが分かった。公社関係者は「2017年までに年間乗継客1000万人を誘致することが目標」と明らかにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP