주요 기사 바로가기

“スーパードル”でウォン安加速…韓国銀行総裁の選択は(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.03.12 09:01
0
基準金利決定を翌日に控えた11日、韓国銀行の動向報告会議では終始緊張感があふれていた。7人の金融通貨委員と韓国銀行の通貨政策担当者が金利をどのようにするのか事前に探り合う席だ。午前9時に始まった会議は午後1時になって終わった。ある出席者は、「為替相場動向にだれもが神経を尖らせた」と伝えた。この日の外国為替市場は1ドル=1126.5ウォンで取り引きを終えた。今週に入り3日連続でウォンが下がっており、27.8ウォン(2.5%)のウォン安となっている。取引時間中には20カ月来の安値水準となる1129ウォンまでウォン安が進んだ。ぐらつくウォンは株式市場も揺さぶった。3日に5カ月ぶりに2000ポイントを回復したKOSPIは下落に転じ、この日は1980.83で引けた。

「スーパードル」旋風が韓国の金融市場にまで上陸したのだろうか。ドルは12年ぶりの高値を記録し1ドル=1ユーロに迫っている。米国の雇用指標が改善され、米連邦準備制度理事会(FRB)が予想より早く金利を上げるかも知れないとの不安感が台頭すると世界の金融市場が揺れ動いた。高い収益率を追って新興国に集まっていったドルが米国本土に還流することにならないかとの懸念までふくらんだ。メキシコやトルコなど新興国から悲鳴を上げ始めた。メキシコ・ペソはこの5取引日の間に4%ほど下落した。「強いドルは新興国危機の前兆」というフィナンシャルタイムズの予想の通りだ。

韓国銀行の李柱烈(イ・ジュヨル)総裁の頭の中はさらに乱れた。これまで韓国銀行の悩みは主に国内問題によるものだった。金利を下げれば個人負債が増える恐れがあり、据え置けば冷え込んだ景気が頭を痛くさせる。雨が降れば扇子屋の息子を、晴れれば傘屋の息子を心配しなければならない母親の境遇だ。ところがスーパードル旋風で心配すべき息子がもう1人できた。外国為替市場だ。新興国を襲ったドル流出の恐怖が韓国市場を揺さぶらないように防ごうとするなら金利は上げるか少なくとも据え置かなければならない。それでも円とユーロの下落を対岸の火事を見物するよう手離しで眺めていることもできない。ドルに比べればウォンは弱まっているが、円とユーロに比べると依然として強い。これをそのまま放置すれば韓国の輸出企業の価格競争力を低下させる。円・ユーロと歩調を合わせようとするなら金利を低くしなければならない。すでに先月17日の韓国銀行金融通貨委員会でも同様の指摘が出た。ある委員は、「韓国の対日輸出、対欧州連合(EU)輸出が大きく減少したのに対し、日本の輸出は急速に回復している。円安が韓国経済に及ぼす否定的影響は看過できない状況だ」と言及した。
“スーパードル”でウォン安加速…韓国銀行総裁の選択は(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP