주요 기사 바로가기

さすがメルケル首相…世界メディア「日本で老練な姿見せた」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.03.12 08:55
0
「ナチスの虐殺にもかかわらずドイツが尊敬を受ける位置に戻ることができたのは、恥ずかしい過去と正面から向き合ったため」(9日の朝日新聞の講演)

「過去を総括(整理)することが(戦争加害国と被害国間の)和解の前提となる」(9日の日独首脳会談後の記者会見)

「韓国と日本は価値観を共有している。軍慰安婦問題をきちんと解決するのが望ましい」(10日の岡田民主党代表との会談)

メルケル独首相の訪日に対する評価は、日本を除いた全世界が一致した。安倍政権の過去の歴史歪曲と軍慰安婦問題、原発、男女差別などの問題まで指摘し、老練で徹底したリーダーシップを見せたという評価だ。

メルケル首相は訪日初日の9日、朝日新聞社での演説、安倍首相との首脳会談に続き、天皇を表敬訪問し、予定された時間を超えて対話した。翌日の10日には岡田克也民主党代表と会った席で、「(日本)軍慰安婦問題をきちんと処理するのがよい」と厳しい忠告を与えた。

ドイツ主要メディアは10日(現地時間)、ドイツの経験を伝える形で過去の歴史直視と反省の重要性を強調したメルケル首相の発言を主に取り上げ、老練に問題を扱ったと伝えた。ズュード・ドイチェ・ツァイトゥンクはこの日、「和解と教訓」と題した記事で、「メルケル首相は日本政府を批判したり教えようとせずに領土と過去の問題を指摘できる方法を苦心したはず」とし「彼女は日本でこの問題を老練に解決した」と評価した。ビルトなどは、メルケル首相が10日、岡田代表との会談で「性奴隷」という言葉まで使いながら日本が軍慰安婦問題をきちんと解決すべきだと述べたことにも大きな関心を見せた。

中国もメルケル首相を全面的に支持した。人民日報姉妹紙の環球時報が10日、オンラインで「メルケルの発言をどう評価するか」について緊急調査した結果、回答者の97%(5861票)が「支持する」と明らかにした。評論家の毛開云氏は「メルケル首相の厳しい歴史講義を安倍首相は理解できたのか」とし「罪に対する責任を否認するのは再び過ちを犯すのと同じだ」と批判した。

メルケル首相に歩調を合わせて米国でも日本を批判する声が出てきた。ファレオマバエガ元米下院議員は10日、安倍首相に「今が謝罪する時」と忠告した。ファレオマバエガ氏は昨年12月、政界を引退し、日本の軍慰安婦歪曲をめぐり「過去を否定する者は過去を繰り返す」という公式議事録を米国下院に残した。ファレオマバエガ氏はこの日、米議会専門紙ザ・ ヒルへの寄稿で、「今年は第2次世界大戦終戦70周年で日本軍に連行されて性的に搾取された20万人の女性のほとんどが亡くなり、生存する人たちはあまりにも長く待った。もう日本が謝罪をする時だ」と強調した。

しかし日本ではメルケル首相の訪日中の歴史関連発言に冷ややかな視線を向けた。右翼性向の産経新聞は11日3面に「メルケル首相、ナチスと日本混同か」と題した記事で、メルケル首相が前日(10日)の岡田民主党代表との会談でナチスによる犯罪行為への反省に触れつつ、日本に慰安婦問題の解決を促したことについて、「戦前・戦中の日本と独裁者、ヒトラー総統率いるナチス・ドイツとの混同とも受け取れ、問題といえる」と指摘した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP