주요 기사 바로가기

独メディア、日本で言うべきことを発言したメルケル首相に「老練だった」

ⓒ 中央日報日本語版2015.03.11 11:05
0
10日(現地時間)、ドイツの主要メディアは、今回の日本訪問でドイツの経験を伝える形で歴史直視と反省の重要性を指摘したアンゲラ・メルケル首相の発言に注目し、彼女が老練に問題を扱ったと報じた。

大衆紙ビルトを含む複数のメディアは同日、日本メディアを引用した報道で、軍慰安婦の代わりに性奴隷という用語を使いながらメルケル首相が野党との会合で軍慰安婦問題をきちんと解決しなければならないと述べたことを紹介した。

南ドイツ新聞は「メルケル首相が演説会場として日本政府の圧力を受けている朝日新聞を選んだこと自体がすでに一つの暗黙的な信号」と報じた。

フランクフルター・アルゲマイネ・ツァイトゥング紙はメルケル首相が「日本に対する批判の代わりに、なぜドイツの選択が正しかったかを伝えるやり方を選んだが、安倍首相は不愉快な反応も見せた」と伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP