주요 기사 바로가기

朴大統領、“中東のバフェット”に「韓国に投資を」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.03.05 09:06
0
1/2
中東を歴訪中の朴槿恵(パク・クネ)大統領が4日、サウジアラビアの首都リヤドのフォーシーズンズホテルで開かれた「両国ビジネスフォーラム」に出席した。朴大統領は原子力・新再生など未来エネルギー分野で両国間の経済協力を拡大することを提案した。
朴槿恵(パク・クネ)大統領は中東歴訪3日目の4日(現地時間)、「セールス外交」で一日を送った。まず朴大統領は「中東のウォーレン・バフェット」と呼ばれるサウジアラビアのアルワリード・キングダム・ホールディング・カンパニー(KHC)会長に会い、韓国への投資を要請した。アルワリード会長はアブドル・アジズ初代国王の孫で、タイムズ紙(1997年)が中東の「ウォーレン・バフェット」に例えた投資の鬼才だ。KHCは世界的な投資会社で、シティグループ、ペプシコーラ、アップル、ツイッター、タイムワーナーなど多国籍企業に投資している。資産規模は120億ドル。

朴大統領はアルワリード会長に「文化分野など韓国に対する投資の価値は多い」とし「サウジの国家長期戦略20124と韓国の経済革新3カ年計画は通じる点がある」と述べた。またに「サウジの資本力と韓国の技術力を結びつけ、シナジーを拡大する必要がある」と強調した。

朴大統領は大韓商工会議所が主催した「両国ビジネスフォーラム」にも出席し、「サウジは資金力をもとに全世界の有望産業とインフラに投資し、韓国企業に対する投資も増やしている」とし「両国間の大規模プロジェクトを通じた共同投資を拡大していくべき」と述べた。

これに関し、安鍾範(アン・ジョンボム)経済首席秘書官は「大統領がムクリン皇太子と会い、両国間の投資対象リストと両国の共同進出対象リストを交換することにした」とし「これは金額に換算するのが難しいほど大きな成果」と説明した。

この日のビジネスフォーラムには、韓国側から朴容晩(パク・ヨンアン)大韓商工会議所会長、権五俊(クォン・オジュン)ポスコ会長、玄貞恩(ヒョン・ジョンウン)現代グループ会長など財界人およそ110人が出席した。サウジ側からは約250人が出席した。韓国側の出席者はフォーラムで「オイルマネー」の重心が1970年代の建設と土木から医療・情報通信技術(ICT)など高付加価値技術に移ったことを実感できたと口をそろえた。

実際、アルジャミール・サウジ連合会会長は「ICT・医療・保健など新しい分野に経済協力が拡大することを期待する」と述べ、アラビア商工相も歓迎のあいさつで「政府は自動車・鉄鋼・電子機器など製造業クラスターを作り、工学・医療・ICTなどの投資も強化している」と述べた。

この席でポスコはサウジ国富ファンドから10億ドルの投資を誘致した。ポスコの権五俊会長とサウジ国富ファンドである公共投資ファンド(PIF)のアルモファディ総裁は建設・自動車を含む全産業分野に協力するという内容の了解覚書(MOU)に署名した。また斗山重工業とサウジ海水淡水庁は共同技術研究協約のMOUを締結した。

朴大統領は前日、サルマン・サウジ国王との首脳会談で、サウジアラムコ社の韓国エスオイルに対する蔚山(ウルサン)工場増設投資を例に挙げ、両国間の成功事例だと述べた。サルマン国王は「サウジは他の国を支援し、また支援を受けることをためらわない」と述べた。朴大統領は「現在、建設プロジェクトに参加中の一部の韓国企業が直面している工期の遅延、工事費増加問題などに国王が関心を向けて支援してほしい」と要請した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP