주요 기사 바로가기

社会的物議をかもす「パーソナリティ障害」…若者層の男性で目立つ=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.03.03 14:27
0
カッとしたり人を疑いやすい「パーソナリティ障害」で病院を訪れた患者3人中2人は若者層であることが分かった。

2日、健康保険審査評価院によると、昨年人格および行動障害診断を受けた者は1万3000人でこのうち10~30代が64%を占めた。特に、中でも20代男性は最近5年間で増加しているなか、占有率も全体の20%を占めた。特に、男性が女性に比べて2倍以上多かった。

疾患別に比較してみると、「パーソナリティ障害」と「習慣および衝動障害」の比重が最も高く42.8%、42%で現れた。特に、習慣および衝動障害の場合、5年前に比べて700人が増加し、その大部分は男性だった。

人格および行動障害は精神疾患の一種として疑われ、攻撃性などを現わす人格障害とギャンブル中毒、放火、盗癖などを示す習慣および衝動障害、性主体性障害などがある。患者自らはよく認識できずにひどくなる場合、他人との円満な関係を維持するのが難しく、社会的な物議をかもしたりもする。

審評院関係者は「人格および行動障害は、患者が体が痛くて自ら病院を訪れる疾患と違い、患者自ら診療を決心するのが難しく、積極的な周囲の激励と勧誘が必要だ」と説明した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    社会的物議をかもす「パーソナリティ障害」…若者層の男性で目立つ=韓国

    2015.03.03 14:27
    뉴스 메뉴 보기
    若者層のなかでパーソナリティ障害で病院を訪れる患者が増えている。
    TOP