주요 기사 바로가기

韓国で最多販売作家の村上春樹氏、どの作品で1位?

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2015.03.03 11:14
0
韓国出版界で「10年間最多販売」を記録した作家は日本の村上春樹氏であることが明らかになって話題になっている。

2005年から2015年2月現在まで、韓国大手書店の教保(キョボ)文庫で作家別の図書販売量を集計した結果、古典・現代、国内・海外、詩・小説(推理などジャンルも含む)・エッセイ集を含む文学分野のうち、過去10年間でも多くの本が売れた作家は村上春樹氏だった。

「10年間最多販売作家」1位に選ばれた村上春樹氏の著作は教保文庫で約89万4000冊の販売を記録した。教保文庫のシェアが図書市場全体の20~25%である点を勘案すると、過去10年間で350万~450万冊が韓国で販売されたと推計することができる。特に2009年に出版された『1Q84』(全3巻)は現在まで合計200万冊が売れた。

村上春樹氏に続いて『木』で有名なベルナール・ヴェルベール氏が約87万3400冊で2位に入った。今年前半期5、6巻の出版で完結した『第3人類』(全6巻)は80万冊が売れ、これより先に出た『神』(全6巻)や『脳』(全2巻)、『木』等はすべて累積販売部数100万冊を記録した。

3位はコン・ジヨン氏が占めた。コン・ジヨン氏は69万6300冊で韓国作家のうち最も多い販売部数を記録した。実話を土台にした『トガニ 幼き瞳の告発』は合計84万冊、『私たちの幸せな時間』『楽しい私の家』等、2005年以降に発表された彼女の作品は高い人気を誇っている。

続いて日本推理小説界のスター作家・東野圭吾氏(64万600冊)、パウロ・コエーリョ氏、ギヨーム・ミュッソ氏、キム・ジンミョン氏、シン・ギョンスク氏、J・K・ローリング氏、チョ・ジョンレ氏が「10年間最多販売作家」トップ10に名前を入れた。

しかし、書籍販売量は調査機関や書店により少しずつ差があることが明らかになった。昨年末、インターパーク総合図書専門データベース・サイト「ブックDB」によると、2003年1月以後にインターパークで累積販売された国内・海外の作家ランキングでは『ハリーポッター』シリーズで世界的なベストセラーとなった著者J・K・ローリング氏が累積販売数73万6632冊で最も多い販売部数を記録した。

累積ランキング2位には別の統計と同じくベルナール・ヴェルベール氏が占め、3位はインターパーク基準で1位を占めていた『1Q84』の著者村上春樹氏が占めた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国で最多販売作家の村上春樹氏、どの作品で1位?

    2015.03.03 11:14
    뉴스 메뉴 보기
    (写真=中央フォト)
    TOP