주요 기사 바로가기

朴大統領「日本、勇気を持って歴史的真実を認めるべき」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.03.02 11:32
0
朴槿恵(パク・クネ)大統領は1日、第96周年三一節(独立運動記念日)の演説で、「日本が勇気を持って歴史的真実を認め、韓国と手を握って未来50年のパートナーとして新しい歴史を刻んでいくことを願う」と述べた。北朝鮮に向けては離散家族の再会、民間交流の拡大、南北鉄道復元事業の推進などを提案した。

朴大統領はこの日、ソウル世宗文化会館で開かれた三一節記念式に出席し、「今年は韓国と日本が国交正常化を迎える意味深い年だが、過去の歴史をめぐる葛藤のために心の距離を狭められずにいる」と指摘した。

南北関係に関しては「分断70年をまた繰り返すことはできない」とし「今はもう南北が一つになり、平和統一を成し遂げることで、真の光復(解放)を完成し、民族の繁栄に向けた航海に積極的に乗り出さなければいけない時」と強調した。続いて「北はこれ以上、南北対話に背を向けるべきではない」とし「今年、光復70周年をともに慶祝し、これを契機に民族の和合と同質性回復の転機を作ることを望む」と述べた。

また朴大統領は「60年間ほど断絶された南北間鉄道の運行再開のための鉄道復元事業など、履行可能な南北共同プロジェクトを協議して推進することも、南北双方に大きく役立つだろう」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP