주요 기사 바로가기

朴大統領「必要なことだけ記憶するのは歴史でない」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.03.02 07:53
0
朴槿恵(パク・クネ)大統領が「歴史とは好きに取捨選択し、必要なことだけ記憶するものではない」とし、日本の歴史歪曲を批判した。

朴大統領は1日午前、ソウル世宗文化会館で開かれた第96周年三一節(独立運動記念日)記念式で、「『歴史を認めることは進歩に向けた唯一の道』というある歴史学者の指摘に深く考える必要がある」とし、このように述べた。最近、日本政府の慰安婦関連歴史歪曲に反対する米国歴史協会の会員の集団声明を主導したアレクシス・ダデン米コネチカット大教授の言葉を引用したのだ。慰安婦問題は国際社会が認める普遍的な人権問題であることを強調しようという趣旨だと、青瓦台(チョンワデ、大統領府)関係者は説明した。

朴大統領は「今はもう、より成熟した未来50年のパートナーとなり、新しい歴史を一緒に書く時」とし「我々は両国が未来に一緒に進む旅程で必ず解決すべき歴史的な課題である日本軍慰安婦被害女性の人権問題を早く解決するよう求めてきた」と述べた。また「今年に入ってすでに2人が傷が治癒されないまま亡くなった。時間もあまり残っていない」と強調した。特に朴大統領は「日本政府の教科書歪曲の試みが続いているのも隣国関係を傷つける」と述べ、歪曲の主体が日本政府であることを明示した。

対北朝鮮メッセージは融和基調を継続した。朴大統領はこの日、「北が誠意のある対話と変化の道に入れば、すべての協力の道が開かれている」と述べた。「南北間のスポーツ・文化・芸術分野交流と民生レベルの協力を拡大することを期待する」とも話した。具体的に▼離散家族再会の定例化および書信交換▼南北間鉄道運行再開のための鉄道復元事業▼民族文化保全事業の拡大および歴史共同研究への着手--などに言及した。北朝鮮の核問題については「北は核が自らを守ることができるという期待から抜け出すべき」と述べるにとどめた。

◆朴大統領、中東4カ国歴訪へ=朴大統領は午後には中東4カ国訪問に入り、2日にクウェートに到着した。続いてサウジアラビア・アラブ首長国連邦・カタールなど各国の首脳と「第2の中東ブーム」のために経済協力を議論した後、9日に帰国する。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    朴大統領「必要なことだけ記憶するのは歴史でない」

    2015.03.02 07:53
    뉴스 메뉴 보기
    朴槿恵(パク・クネ)大統領
    TOP