주요 기사 바로가기

子供は人格、大人は市民意識…生涯学習観点で制度づくりを=韓国(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.02.26 14:22
0
「大人がまず変わらなければならない」「旅客船セウォル号惨事は大人の人格がどれほど重要なのかに改めて気づかせてくれた」--国会立法調査処と本紙人格教育研究所が25日共同主催した「人格シンポジウム」で出てきた言葉だ。参席者は、韓国社会における成人たちの人格のための教育が切実だと主張した。

基調発表者である慶煕(キョンヒ)大人類社会再建研究院のソン・ギョンジェ教授は「大人がしっかりしていないのに子供だけに正しい人格を求めるのは矛盾している。成人の人格教育のために市民教育をすべき」と話した。司会者であるキム・ヨンレ元同徳(トンドク)女子大総長は「セウォル号事故で船長と船員が正しい人格を持っていたなら、このような大惨事にはならなかっただろう」と指摘した。

討論者は成人のための具体的な教育方法として市民教育を提示した。ソウル大倫理学科のチョン・チャンウ教授は「道徳・宗教的な徳は正しい人格を形成することだが市民的な徳は社会構成員として協力的なスキルを育てること」としながら「生涯学習の観点から成人が市民性を育てられる制度づくりがなされるべき」と話した。慶煕大教育大学院のチ・ウンリム院長は「伝統的観点から人格は道徳的な側面が強かったが、現代社会では社会的な性格が重要だ。構成員がどれだけ健全な市民意識を持っているかが21世紀の国家競争力になる」と主張した。

人格教育専門教科を別途に設けようとの意見も出てきた。チョン教授は「昨年シンガポールは教育目標を『正しい人格を備えた良い市民養成』に再設定し、人格・市民性科目を設けた」と話した。立法調査処のキム・ヨンイル政治議会チーム長は「フランスでは小中学校で市民教育が義務化されている。欧州連合(EU)も2005年から市民教育の指針書をまとめて加盟国の市民教育を支援している」と紹介した。
子供は人格、大人は市民意識…生涯学習観点で制度づくりを=韓国(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    子供は人格、大人は市民意識…生涯学習観点で制度づくりを=韓国(1)

    2015.02.26 14:22
    뉴스 메뉴 보기
    鄭義和・国会議長が参加するなか、国会立法調査処のイム・ソンホ処長(右)と中央メディアネットワーク人格教育研究所のキム・ナムジュン所長(左)が25日、「人格教育拡散のための協約書」を交換している。
    TOP